99%が知らない自分を認める正しい順序と5ステップで自分を好きになる方法

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

僕は今まで自分のことを認められず、一人苦しんでいました。

 

仕事では、自分が周りよりできないと感じても

「こんなのは本当の自分じゃない。」

「何かキッカケがあれば、すぐにできるようになる」

このように考えて、努力できない自分を認められなかったり

 

友達は恋人を作って、楽しそうにしているのを見ると

本音では「羨ましい」と劣等感を感じる自分を隠して

友達のことを無理やり応援していたり。

 

できない自分を認め、本心に素直に従うことができたなら

「もっと人を頼って仕事を教えたり、異性を紹介してもらって、こんな苦しまずにいられるのに。。。」

 

そうやって自分を責めてばかりいたんですね。

 

そして、この苦しみから逃れようと

自分を受け入れるにはどうしたらいいのか?」について

本やネットの情報を漁っていました。

 

それでも、どうしてもできない自分を認められず、自分の本心を押し殺してしまっていました。

 

しかし、あることに気づいたことによって、自然と自分を認められるようになったんです。

 

その「あること」とは、できない自分を認める前に、デキる自分を捨てるということでした。

 

つまり、順番が逆だったんですね。

 

できない自分を無理に受け入れようとしても、本心ではそんな自分を認めたくないんですよね。

 

だから上手くいかない。

 

最初にやるべきことは、なんでも完璧にこなそうとする自分を捨てることでした。

 

そこで今回は、僕がどうやって、「ありのままの自分を認めることができたのか」について、詳しく解説していきます。

 

なぜ難しい?自分を認めることができない心理的原因とは?

僕はこれまで、インターネットを頼りに

「どうすれば自分を認めることができるようになるのか?」

ということをずっと探していました。

 

しかし、どの方法を試しても結果的に自分を認めることはできませんでした。

 

その原因は単純に自分に合わない方法を試していたからです。

 

世の中でよく言われ、僕が実際に取り組んできた「自分を認める方法」とは以下の2つです。

 

アフォメーション

アフォメーションとは、肯定的な言葉を自分に語りかける技術のことで、要するに自分で自分を褒めることです。

 

「私ならできる」「私は価値のある人間だ」「私は愛されている」など

自分を褒めることで、ダメだと思っているセルフイメージを言葉の力で書き換えていく。

 

それが、このアフォメーションです。

 

出典:東洋経済

 

僕が試したのは、1日100回「自分はツイテいるている」といい聞かせるアフォメーションのやり方でした。

 

しかし、すぐにやめてしまいました

 

理由は、自分に嘘をついているみたいで、どんどん苦しくなってしまったから。

 

現実の自分は「ツイテいる」なんて全く思っていないのに、無理やり「ツイテいる」と言っている自分に矛盾を感じたんですね。

 

また、この方法は根拠や具体性に欠け、原理が理解できなかったため

スピリチュアル宗教色が強く、それに自分を染めていくことが少し怖いと感じていました。

 

その結果、アフォメーションは僕に合わず、すぐに辞めてしまったんですね。

 

他人を認める

出典:斎藤一人 珠玉の言葉・音声・動画 ・文字起こしまとめ

 

「他人を認めることで、自分も認めることができる」

 

何かの情報で見つけた僕は、翌日から他人の良いところを見つけて褒めるようにしました。

 

しかしこれも、長続きはしません。

 

理由は、この行為をすることに罪悪感を感じたから。

 

無理やり他人の良いところを探して、お世辞みたいに言っている自分が嫌になってしまったんですね^^;

 

そもそも、他人を認められるほど、自分の状況に余裕があるわけではありません。

 

だから相手からしてみても、「こいつ無理して言っているな」って思われてそうで不安になりました。

 

今思えば、まず自分を認めてあげないと、他人を認めることなんて絶対にできないと断言できます。

 

なぜ無理?自分を認めることができない人の特徴と性格

なぜ僕が、上の2つに取り組んでも自分を認めることができなかったのか?

 

その根本的原因は、先天的に持っている「内向型」という気質にありました。

 

内向型とは、心理学者のカール・ユングが唱えたパーソナリティーの1つです。

 

ユングによれば、人間は「内向型」と「外向型」のどちらか寄りの気質を持って生まれてくるとされています。

内向型は興奮作用のあるドーパミンの受容体であるDRD4遺伝子が短いため

刺激に敏感で、強い刺激をストレスに感じます。

 

その結果、危険やリスクに敏感で、ネガティブな情報に意識が向きやすい。

内向的な人は外向的な人よりもネガティブ体験に注意が引きつけられる傾向にあり,焦点づけされた注意がさらに選択的にネガティブ感情を高めるという循環的過程を持つことを指摘している。

引用:外向型・内向型における注意機能特性と情報処理スタイルの関連性

 

また危険やリスクに敏感なため、生物学的には「安全追求型」と位置付けられています。

 

そのため、裏付けを重視する「合理システム」と呼ばれる情報処理を行い

理論やデータ・分析や法則によって物事を納得し理解します。

 

だからこそ「アフォメーション」や「他人を認める」といった方法は、府に落ちず効果がなかったんですね^^;

 

また内向型は自分のことを否定的に捉えやすく「自分を認めにくい」と言われています。

内向性被験者は、外向性被験者に比べて、自己を否定的に評価している。

引用:性格の類似性が対人魅力に及ぼす効果

 

なぜなら、社会から評価され認められやすいのは、外向型だからです。

集団的に理想の人格だとみなされている外向型の人物に対する魅力は、評定者の向性の特性を問わず圧倒的に強いことが分かっている。

引用:性格の類似性と自己需要および他者受容が印象形成に及ぼす影響

 

そのため、内向型は外向型のように振る舞えない自分を否定し、

自分を変えるために努力しますが、先天的な問題で変われない自分に自信をなくしてしまいます。

 

実際、内向型が無理に自分を装うことをすると、返ってネガティブな感情が増してしまうことがわかっています。

実験の被験者は「一週間にわたって毎日外向的に振る舞うように」と指示されたところ、外向的であることには全体的に「ポジティブな感情が生まれた」「自分が外向的であると感じた」という報告があったとのこと。

一方で、この研究において「より内向的」とされた被験者は、ポジティブな感情があまり増加せず、ネガティブな感情や疲れが増すと共に、「本物の感情」が減少したといいます。研究者は自分の性格以外の性格を演じることのコストと、特定の性格を演じるよう命令されることのコストを強調しています。

引用:GigaZiNE

 

下の記事では、内向型かどうかを診断できるテストを用意していますので、興味のある方はぜひ1度試してみてください。

 

あなたの悩みは強みに変えられる。20問の問いでわかる内向型診断テスト

2019年9月23日

 

自分を認める方法とは?自分を受け入れ好きになるための5ステップ

では、僕ら内向型はどのように自分を認めればいいのでしょうか?

 

それは、「自分の基準で生きる」ことです。

 

実は人間は自分に自信がないと、周りからの評価によって自信をつけようとしてしまいます。

 

これを「承認欲求」と呼び、それを表したのが以下の「マズローの5段階欲求」になります。

引用:次世代起業家育成セミナー

 

この理論では、人間は下段の欲求から順に満たしていき、最終的に自己実現を果たすことを目的としていると唱えています。

 

しかし、世の中が外向型を基準とした価値観で動いているため、内向型は社会からの評価されずらく、承認欲求が満たされません。

 

承認欲求は別名「自己肯定感欲求」とも呼ばれ、自己肯定感とは自分には価値があると思える感覚のことです。

 

つまり、承認欲求が満たされず自己肯定感が低い状況では、心がついていかないので

どれだけアフォメーションや他人を認めようとしても、自分を認めることなんてできないわけです。

 

だからこそ、1番はじめにやることは、承認欲求を満たしてあげることだったんですね。

自己受容高群では自己を受容できており、自尊心や自信があることで類似していない他者でも相手の長所を素直に受け止めることができる

引用:性格の類似性と自己需要および他者受容が印象形成に及ぼす影響

 

では、どうやって承認欲求を満たしていけばいいのでしょうか?

 

承認欲求を満たして自己肯定感を高める方法

承認欲求が満たされない原因は、自分には価値がないと感じているからです。

 

自分には価値がないと感じてしまう原因は、外向型を基準とした社会の価値観に合わせた生き方をしているからです。

 

僕たちは、物心ついた時から周りに合わせた生き方を教養されてきました。

出典:教師が考える児童生徒の協調性

 

上の図を見ておわかりいただけるように、日本の教育は周りを優先する人間を評価します。

 

なぜなら日本は、欧米のような多国籍国家の個人主義ではなく単一民族の集団主義国家だからです。

 

だから、個性を尊重するよりも集団の和を尊重し、周りに合わせて波風立てない人を評価します。

出典:日本的価値観は正しいのか?

 

だからこそ僕たちは、周りの基準に合わせて生きることが正解で、デキる人間であると思い込まされています。

 

「周りと同じように働き、周りと同じように結婚し、周りと同じように人生を歩む」

 

その結果、社会の価値基準に合わない自分をデキない人間だと感じて認められなくなっています。

 

しかし、別に社会の価値基準に合わせた生き方だけが全てではありません。

 

むしろ、1人1人違って当たり前なんですから、各自が自分の価値基準で生きることの方がよっぽど自然なことなんですよね。

 

このことに気がつくと、ありのままの自分を許せるようになり、自然と自己肯定感は高まっていきます。

 

2つ目の承認欲求を満たして劣等感に悩まされない方法

そして、社会の価値基準ではなく、自分の価値基準で生きるようになると

「周りと比べて自分はどうなのか?」ではなく

「過去の自分と比べて今の自分はどうなのか?」といったように

比べる対象が周りの人間ではなく自分自身に変わっていきます。

 

この状態になると周りからの評価によって承認欲求を満たすのではなく

自分で自分を評価して承認欲求を満たすことができるようになります。

 

これを「バトルステージ」から「成長ステージ」に移ると言われ

自分の嫌な部分ダメな部分全て含めて今の自分の実力と捉えられるようになり

ありのままの自分の姿を素直に認められるようになります。

 

その結果、変にプライドが高くなったり、劣等感に悩まされることがなくなりました。

 

自分を認めるための5ステップ

では、どうやって「社会の基準」から「自分の基準」で生きれるようになるのでしょうか?

 

そのためには、今まで植え付けられてきた固定観念を外し

本当の自分は「何を大切にしてどんな人生を送りたいのか

という自分の「信念」や「価値観」を明確にする必要があります。

 

なぜなら人間は、自分の持つ「信念」「価値観」に沿った「能力」「行動」「環境」を身につけていくからです。

ニューロ・ロジカルレベル

 

この信念・価値観が「社会の基準」に染まっていたからこそ

周りと同じ「能力」「行動」「環境」を身につけようとして

人と比べてしまいます。

 

しかし、信念・価値観が「自分の基準」に変わることで

自分だけの「能力」「行動」「環境」に変わっていき

やがて自分のアイデンティティが確立されます。

 

アイデンティティが確立されると、「人は人・自分は自分」と他者と自分を切り分けられ

自分も他人も認められるようになります。

各レベルでの関係性とアイデンティティとの関連が検討された。

その結果、「自己斉一性・連続性」「対自的同一性」「対他的同一性」「心理社会的向一性」それぞれに対して有意な効果を及ぼす関係性が異なることが示された。 

 引用:パーソナリティーに関する研究の動向と展望

補足

■自己斉一性

連続性とも言われる。時・場所に関わらず自分が自分である一貫性を持つこと。

■対自的同一性

自身の目的や送りたい人生などがわかっている感覚を持つこと。

■対他的同一性

他人の自身への評価と、自身が思っている自己評価が一致している感覚を持つこと。

■心理社会的同一性

自分が社会の一員で、社会に適応し生活しているという感覚を持つこと。

引用:看護roo!  

 

そのための方法が以下の5ステップです。

アイデンティティを確立する5ステップ
  • ステップ1:固定観念を捨てる
  • ステップ2:価値観の明確化
  • ステップ3:好きなことを見つける
  • ステップ4:得意なことを見つける
  • ステップ5:コア・パーソナルプロジェクトを見つける

 

この5ステップを進むことで、固定観念が外れ自分だけの価値基準ができあがります。

 

以下の記事では5ステップを進むための20の質問を用意していますので、ぜひ時間をとって取り組んでみてくださいね^ ^

 

本当の自分を見つけて、生きづらさから開放されよう。コアパーソナルプロジェクトを見つけるための20の質問

2019年12月14日

 

最後に

実はマズローの5段階欲求にもニューロ・ロジカルレベルにも、最後に隠された1段が存在します。

 

それが、自己超越です。

 

つまり、人間は自分自身が満たすことができてはじめて他人に貢献できるようになるということ。

 

だからこそ、まずは他人ではなく自分自身を大切にしてあげてくださいね^^

 

 

▼あなたが内向型ならぜひクリック!!▼


人気ブログランキング


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

「人間関係に疲れた」

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です