内向的な人ほど経営者に向いている理由

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

僕はサラリーマン時代、起業したいと考えて過ごしていました。

 

しかし、起業が怖くてなかなか始めの1歩を踏み出せなかった思い出があります。

 

なぜ、起業することが怖かったのか?

 

それは、僕が内向的な人間だったからです。

 

当時の僕は、起業するとなると人脈が必要だと考えていました。

 

人脈がなければ、仕事を取ることが難しかったり、有益な情報が手にできないと思っていたからです。

 

そして、人脈を広げることこそが、経営者としての仕事だと勘違いしていました。

 

ですが、僕は内気で人見知りだったので、そもそも人付き合いがとても苦手です。

 

人から可愛がられるようなタイプでもありません。

 

そんな僕が起業したとしても、人脈を広げられず、すぐに失敗してしまうんじゃないのかと不安を感じていました。

 

しかし、起業の勉強をしているうちに、経営者がやるべき仕事を知ることで、僕の考えが間違いであることに気づいたのです。

 

本来経営者の役割とは、人脈を広げることではありません。

 

仕組みを作ることだったんです。

 

この事実を知ったことで、僕は安心して起業に挑むことができました。

 

なぜなら、経営者の仕事は自分の才能を活かしてできることと、ピッタリ重なっていたからです。

 

実は、内向的な人には様々な才能が隠れています。

 

この隠れた才能を知り、活かすことで、現代の経営者に必要な能力を身につけることができます。

 

そこで今回は、内向的な人ほど経営者に向いている理由を説明していきますね^ ^

 

記事を書いてる人▶︎Mu(むー) 記事を書いてる人▶︎Mu(むー)
▶︎内向的な性格で[人と関わることが苦手]
▶︎仕事も恋愛も友達も上手くできず
▶︎不器用な自分を[ダメ人間]と思う
▶︎人と比べて自己否定する人生から抜け出したくて[人と関わらない仕事]で起業
▶︎起業で学んだ心理学や[人と関わらず自立して生きる方法]を発信中!!

☞劣等感まみれだったMuを知る

経営者の仕事

先にも述べた通り、僕は経営者の仕事は人脈を広げることだと勘違いしていました。

 

なぜそう思っていたのかというと、経営者に必要なのは利益を生み出すことだからです。

 

利益を生み出すために、人脈を使ってお客さんを紹介してもらう。

 

あるいは、有益な情報を得て、利益を上げるやり方を考える。

 

こういった考えを持っていたからです。

 

しかし、これらは全て戦略の一部に過ぎませんでした。

 

僕が起業の勉強をはじめて、ビジネスの組み立て方を知ったことで

 

自分の勘違いに気づくことができました。

 

僕が学んだ、ビジネスの組み立て方とは、以下の図が示すものです。

引用:次世代起業家育成セミナー
戦略ピラミッドの詳細

 

〈ビジョン・ミッション〉

【ビジョン】
あるべき未来の姿

【ミッション】
訪れる未来に対して、自分はどんな使命・目的を持って世の中に価値を生み出すか?

 

〈戦略〉

【ビジネスモデル】
使命・目的を果たすためには、どの領域でどんなビジネスを行うか?

【マーケティング】
どうやってビジネスを広げていけばいいのか?

 

〈戦術〉

【マネイジメント】
戦略を実行するために、誰が何に取り組めばいいのか?

【科学技術・ツール・マニュアル】
より効率的に実行するための武器や技術やマニュアルはないか?

 

〈管理・実行〉

【資源の管理】
資源の管理:人・モノ・金・情報の管理

【タスクの実行】
タスクの実行:目的に向かって徹底的に迅速にタスクの実行をする 

 

この図にある4つの要素を、上から順に満たすことで、ビジネスは成功します。

 

そして、戦略から上が、経営者の仕事になります。

 

つまり、あるべき未来の姿を叶えるための仕組みを考えることです。

 

では、社員の役割は?

 

戦術から下の仕組みを実行する部分ですね。

 

僕が勘違いしていた「人脈によって仕事を広げる」というのは、戦略の一部に過ぎませんよね。

 

そして、人脈を広げるという戦略を自分で実行していたということは

僕は「社員の仕事をしようとしていた」ということになります。

 

今の時代、インターネットが発達したおかげで、Web上に情報を載せておけば

情報はお客さんから取得してくれ、自動的にビジネスを広げることはできます。

 

では、なぜ経営者の仕事が戦略から上なのか?

 

それは経営者の本当の定義が

何かに投資して、どうやって回収するのかを考え、仕組みを作る人」だからです。

 

その仕組みを考えるのに必要なのが、戦略から上の部分になります。

 

内向的な人が持つ強み

ではなぜ、内向的な僕が経営者に向いていると感じたのでしょうか?

 

それは、内向的な人は、経営者に必要な才能を備えていると知ったからです。

 

では、内向的な人に備わっている才能とはどんなものでしょうか?

内向的な人が持つ代表的な10の才能

  • 慎重である
  • 本質的なものを見出す
  • 集中力がある
  • 人の話を聞くことができる
  • 落ち着いている
  • 優れた分析力を持つ
  • 自立している
  • 辛抱強い
  • 書くことが(話すことより)得意
  • 人の気持ちがわかる 

 

内向的な人は、恐怖や不安を学習しやすく、神経質な脳の癖を持っています。

 

そのため、リスクに敏感になって失敗を恐れてしまいます。

 

また、情報処理を行う時に、前頭葉を活性化させる。

 

前頭葉は、前頭葉は、思考や計画、学習や論理付けを行う領域です。

 

そのため、失敗を恐れはしますが、逆にリサーチや計画を念入りにするという強みを備えている。

 

さらに、リサーチして得た情報を深く掘り下げることが得意なため

情報を整理してリスクを回避したり、パターンや法則を見出すことができるのです。

 

これらの才能を活かすことで、内向的な人は経営者に必要な能力を発揮することができます。

 

内向的な人が経営者に向いている理由

経営者の役割は、ビジョン・ミッション・戦略を考えることです。

 

そして、ビジョン・ミッションはコンセプトとして、明確化されます。

 

コンセプトとして有名なのがAppleが2001年に発売した「i-Pod」ではないでしょうか?

 

i-Podが打ち出したコンセプトは

「持っている全ての音楽をポケットに入れて持ち運べる」です。

 

そして生まれたキャッチコピーが

「1,000曲をポケットに」

 

これは、スティーブ・ジョブズ自らが考えたと言われています。

 

それまで、外で音楽を聞くときは、CD/MDプレーヤーで聴くことが主流でした。

 

しかし、CD/MDプレーヤーで音楽を聴くときには、その都度CDを変えなければならず、持ち運びには不向きです。

 

また、MP3プレーヤーも発売されていましたが、容量が小さく持ち運べる曲数はせいぜい100曲程度。

 

ここに目をつけたのがAppleです。

 

「近い将来、CD/MDプレーヤーで音楽を聴く人はいなくなる」というビジョンを持ち

 

「コンパクトで大容量の音楽プレーヤーを生み出す」というミッションを持ち

「持っている全ての曲をポケットに入れて持ち運ぶ」というコンセプトを打ち出しました。

 

その結果、i-Podは大流行して時代を変えましたね。

 

つまり、経営者の本質は「新しい価値を生み出す」ことと、捉えられます。

 

新しい価値を生み出し、それに投資して回収する仕組みを作るところまでが、経営者の仕事ということです。

 

内向的な人が持つ経営者としての才能

そして、内向的な人の持つ才能は、このコンセプトを生み出すのに適しています。

 

なぜなら、コンセプトを生み出すためには、リサーチをして新しい見解を見出すことが欠かせないからです。

 

コンセプトとは、人々が求めているモノ・コトをわかりやすく表したものです。

 

そのため、人の気持ちがわからなければならない。

 

人の気持ちを把握するためには、リサーチ能力が欠かせないということです。

 

また、一つのことを深掘りし、様々な情報を取得し整理することで

本質をついた新しい見解を見出すことができます。

 

つまり、新しいコンセプトを生み出すことができるということ。

 

さらに戦略を練るためには、起こるべきリスクを把握し、リスク回避することが不可欠ですよね。

 

そのための戦略ですから。

 

このように、内向的な人が備えている才能は、戦略より上の領域に必要な能力に変えることができるのです。

 

経営者としての才能を磨く方法

では、どうやって才能を発揮していけばいいのか?

 

才能を発揮するためには、才能を磨くことが不可欠です。

 

才能を磨くとは、才能に投資するということ。

 

では何をどうやって投資していけばいいのか?

 

それは、経営に必要な知識を学ぶことです。

 

経営に必要な知識がないのに、経営に向いている才能を発揮することはできませんよね。

 

そこでオススメなのが、次世代起業家育成セミナーという無料動画です。

 

次世代起業家育成セミナーとは

経営コンサルタントで10億円規模の事業を運営している加藤将太さんが講師を務めるオンライン起業セミナーです。

 

僕は、この動画を見たことで、起業後わずか3ヶ月で月商100万円を達成することができました。

 

なぜなら、この動画が内向的な自分に向いているセミナーだったからです。

 

世の中の多くの起業セミナーは、外交的な人向けのセミナーです。

 

「人脈構築のノウハウ」

「人を動かすためのコミュニケーションやプレゼンスキル」

「とにかく行動を求める」

 

このような内容が多く、どちらかというと戦術ばかりを教えられます。

 

内向的な人の多くは、内気で人見知りな性格が多く

人間関係が必要な戦術的なことには向いていません。

 

しかし、次世代起業家育成セミナーでは、ビジョン・ミッションから戦略の立て方を中心に教えてくれます。

 

そして、戦略から上を自分で行い、戦略から下はインターネットを活用してシステム化する方法を教えてくれます。

 

つまり、100%理詰めでビジネスを成功させることができるということ。

 

また、図やフレームワークが多く使われ、視覚的に理解がしやすいのも、オススメする理由です。

 

現在、次世代起業家育成セミナー特別編が期間限定で無料視聴できるようになっていますので、興味があれば見てみてください。

 

以下の記事では、次世代起業家育成セミナーについて詳しく解説していますので

興味があれば是非一度読んでみてくださいね^^

 

内向的な性格を変えることなく100%理詰めで人生を成功させる方法

2020年3月20日

 

この動画を見ることで、あなたの持つ才能が磨かれ、経営者としての能力を発揮することができます。

 

ぜひ、自分の持つ才能を発揮して、世の中に価値を生み出してみてください。

 

なぜなら、才能は使うために備わっているからです。

今回はここまでとなります!!
最後まで読んでいただき
ありがとうございました^^

この記事は、Muが劣等感まみれだった
人生を変えるために学んだ知識を
100%全力でお伝えしました!!

劣等感まみれだったMuを知る

以下の記事では
「内向型に最適な生き方」の
ロードマップとなる厳選10記事

ご用意してありますので

内向型についてもっと知りたい方は
ぜひご覧ください^^


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

 

<自分のペースで生きたい>

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です