「一人が好き」って誇れる!!隠された才能を活かせる3つの仕事と無理しない人付き合いの方法

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

僕は、幼い頃から誰かと一緒に遊ぶよりも、

家に引きこもり一人でプラモデルを作っていたり

絵を描いていることの方が好きでした。

 

しかし、大きくなるにつれて、一人が好きというのは悪いことだと思うようになります。

 

なぜなら、周りから惨めな目で見られたり、暗い人間だと思われてしまうからです。

 

その結果、孤独な人生を送ってしまうんじゃないのかと不安になることもありました。

 

そこで、無理に明るく振る舞ったり、社交的な自分を偽り、周りと同じような人間を演じるようになりました。

 

そのせいで、今までずっと心の片隅で生きづらさを感じていたことに気づいたんです。

 

このことに気づいてからは、自分の意識も変わり

一人が好きな自分を認めることができるようになったばかりか

今まで気づかなかった一人でいることで生まれる様々なメリットに気がつき

どんどん人生を好転させることができるようになったのです。

 

そこで今回は、一人が好きな人に備わっている才能と、才能を活かした仕事や生き方について紹介していきます。

 

一人が好きという性格を持っている人の特徴

一人が好きな人は、人が楽だから一人が好きなんですよね。

 

それは、他人といることで居心地の悪さを感じてしまうからです。

 

なぜ、他人といることに居心地の悪さを感じてしまうのか?

 

それは、以下の3つの特徴と心理が働いているからです。

 

①適度の距離を保った人付き合いを望む

親友や家族であっても、自分のパーソナルスペースに踏み込まれることを嫌います。

 

誰にも踏み込んで欲しくない、自分が一番居心地のいい空間や心理的範囲があり

その範囲を侵害されてしまうことに、不安を感じていたり、

逆に相手に踏み込みすぎることも、悪いことだと感じているため

人付き合いや人間関係においては、一定の距離を保とうとします

 

②自分のペースで物事を進めたい

基本的に1人で物事を進めることが得意で、誰かと共同で進めることを苦手とします。

 

なぜなら、共同作業は相手とペースを合わせなければならず

自分のペースで進められないからです。

 

また、じっくり考えて、計画的かつ慎重に物事を進めるのが得意なので

相手のペースに合わせたり、誰かから急かされることで

自分の納得のいく仕上がりができないことに、ストレスを感じます

 

そのため、周りからマイペースと思われてしまうことがあります。

 

③大人数での会話や雑談、世間話が苦手

仲の良い人と1対1など少人数で話すことには、あまり苦手意識を持ちませんが

4人以上の集団になると、自然と輪の中に馴染むことができなくなり

その場から立ち去りたいと考えるようになります。

 

また、雑談や世間話などの浅く中身のないコミュニケーションに、あまり意味を感じません。

 

一人が好きな人には上記の特徴があるため、周りから人見知りでマイペースと言われたり

そもそも人が嫌いだと思われて、自分は人と違うと感じて不安を抱えてしまったり

一人が好きなことは悪いことだと感じてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

一人が好きな人が生きづらさを感じる原因

一人が好きな人には前項のような3つの特徴があり、

それが周りに理解されないからこそ、生きづらさを感じてしまいます。

 

なぜ周りに理解されないのでしょうか?

 

それは、一人を好む人がマイノリティーな存在だからです。

 

脳科学的に見る一人が好きになる理由と他人との違い

実は、一人が好きな人とそうじゃない人の間には、脳の情報処理に違いがあります。

 

一人が好きな人「合理システム」と呼ばれる情報処理を行い

そうじゃない人は「経験システム」と呼ばれる情報処理を行います。

 

なぜこのように、情報処理システムに違いがあるのか?

 

それは、生まれ持った気質に違いがあるからです。

 

心理学者のカール・ユングによれば、人間には「内向型」と「外向型」という2つの気質があり

生まれてくる時に、どちらか寄りの気質を持っているかによって情報処理に違いが出ると言います。

一人が好きな内向型が備えている脳の仕組み

内向型が持つ合理システムは、長期記憶や前頭葉という脳の領域を中継して情報処理を行います

 

長期記憶は、過去のエピソードや感情、過ちや倫理などを記憶し、ネガティブなことほど保存されやすい。

 

なぜなら、本能として危険から身を守ることを重視しているからです。

 

そのため内向型は、警戒心が働きやすく、恐怖や不安を学習しやすい特徴を持っている。

 

警戒心が働くことで、自分のパーソナルエリアを侵害されることに敏感だったり

人見知りになってしまうことがあります。

 

また内向型は、論理やデータ、分析や法則などの裏付けによって物事を理解します。

 

なぜ裏付けによって物事を理解するのか?

 

それは、情報処理をするさいに、前頭葉を中継するからです。

 

前頭葉は、思考や計画、学習や論理付けを行う領域です。

 

そのため、物事を深く考え構造的に捉えることが得意な一方、

深い思考が必要なため、情報処理に時間がかかるというデメリットも存在します。

 

だから、周りにペースを合わせるのが苦手で、マイペースと思われてしまうんですね。

 

さらに合理システムでは、アセチルコリンという神経伝達物質によって、脳に刺激や情報を伝達させます。

 

アセチルコリンは、副交感神経に働きかけ、リラックス状態を誘発させる物質です。

 

そして、アセチルコリンは内部刺激によって発生する。

 

内部刺激とは、思考やヒラメキ、好奇心や探究心から生まれる刺激です。

 

この内部刺激によってモチベーションやエネルギーを得るのが内向型の特徴となり

逆に、外部刺激とよばれる外界から受ける強い刺激をストレスに感じてしまう。

 

つまり内向型は、内部刺激によってエネルギーを得ているからこそ1人を好み、

雑談や世間話のような中身がないコミュニケーションは

好奇心や探究心を刺激されず、構造的に捉えられないため、苦手と感じてしまうんですね。

 

一人が苦手な外向型が備えている脳の仕組み

外向型が持つ合理システムは経験システムは、イメージや感覚、勘や経験などの直感によって物事を理解します。

 

なぜ直感によって物事を理解するのか?

 

それは、情報処理をするさいに、短期記憶を中継するからです。

 

短期記憶は、感覚やイメージを学習し、情報処理を早める役割を担います。

 

つまり、深く考えなくても表面的な情報だけで物事を理解するのが得意

 

なぜこのような情報処理を行っているのかと言えば

外向型は交感神経が優位に働いているからです。

 

交感神経が優位に働くと、人間は活動的になります。

 

つまり、活発に活動するために素早い情報処理をする必要があるわけです。

 

ではなぜ外向型は交感神経が優位に働くのか?

 

それは、外向型は刺激を伝達する神経伝達物質にドーパミンを使用しているからです。

 

ドーパミンは脳内麻薬と呼ばれるほど、脳に報酬をもたらす物質です。

 

このドーパミンの働きによって興奮状態になり、外向型は交感神経が優位に働いています。

 

そしてドーパミンは、外部刺激によって発生します。

 

外部刺激とは、人と話したり笑ったりすることや

激しいスポーツやアトラクションを経験した時に生まれる刺激です。

 

つまり外向型は、外部刺激によってエネルギーを得ているということ。

 

だから、雑談や世間話のような中身のないコミュニケーションを好み、

情報処理が早いからこそ、周りに合わせることができるんですね。

 

内向型と外向型には、このような脳の違いがあります。

 

そのため、外向型には普通なことでも、内向型にとっては苦手と感じることが多くある。

 

また、人口に対する外向型の割合は70~80%、内向型の割合は20~30%と言われています。

 

このように、世の中のマジョリティは外向型で、外向型を基準とした考え方が一般的になっています。

 

例えるならば、内向型は右利き社会で生きる左利きのような存在なんです。

 

だから、自分は周りと違うと感じることが多く、生きづらさを抱いてしまう。

 

自分らしく生きようとすれば、周りに合わせられない自己中と思われてしまうんじゃないのか?

 

そんな不安と闘いながら、嫌われないように本心を隠して

周りに気を使いながら生きている人は多いのではないでしょうか?

 

では、僕たち内向型はどのような生き方をすれば幸せになれるのでしょうか?

 

一人が好きな人に最適な仕事や生き方とは?

前項で述べたように、一人が好きという人とそうじゃない人の間には

脳の仕組みが違うという、対処不可能な壁があります。

 

そのせいで、周りから理解されず生きづらさを感じてしまうわけですが^^;

 

しかし、脳の仕組みが違うことで、内向型にしかない才能も存在します。

 

この才能を発揮して、自分に向いている仕事や人間関係を築くことこそ

自分らしい生き方であり、幸せになる道です。

 

そこで、仕事と人間関係における才能の活かし方をご紹介していきます。

 

一人が好きな人に向いている仕事

今まで述べてきたように、内向型は1つのことを深く思考することが得意です。

 

そのため、今まで関連がないと思っていた情報同士を結びつけて、独創的な新しい見解が生まれたり

本質的な部分を理解して、今まで思いつかなかったコンセプトを生み出すことがあります。

 

つまり、独自の切り口で創造性を発揮することが得意なのが内向型の才能なんですね。

 

また、1つのことを掘り下げられるということは、

その分野のスペシャリストになる才能があるということ。

 

これらの強みを活かせる仕事としては、以下の3つが考えられます。

 

①手に職系:モノづくりやエンジニアなどの仕事が該当します。

 

職人気質な性格ほど有利な仕事。10人に1人が月収50万以上稼いでいる職業とは?

2020年1月20日

 

②起業家:社会が抱える悩みや課題を、ビジネスの手法を用いて解決していく人

 

内向型は2020年以降に起業した方がいい3つの理由

2020年1月3日

 

③ナレッジワーカー :知的生産労働者と呼ばる、知識やアイディアによって新たな付加価値を生み出す人

 

内向的な人に向いてる仕事10選!!脳の特徴から導いた強みを生かせる仕事

2020年1月19日

 

これら3つの仕事は内向型の才能を最も活かせる仕事であり

これからの時代に価値が高まり、求められる仕事でもあるんです。

 

そして、成功者は例外なく一人の時間を大切にしています

 

なぜなら、一人の時間こそが最も自分を成長させることができるからです。

ひとりでいるときだけ集中的実践が可能になり、それこそが多くの分野において驚異的な成果をもたらす鍵なのだ

集中的実践がひとりでやってこそ効果があるのには、いくつか理由がある。

極度の集中を必要とするので、他人の存在は気を散らすもとになりうる。

ひとりでいる時だけに、あなたは「自分いとってやりがいのある事柄」にまともに向き合える。

引用:スーザン・ケイン 内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える

 

さらに、一人が好きで孤独を耐えられる人ほど、頭がよく、人生で成功しやすいことが科学的に証明されています。

 

孤独を耐えられず「寂しい・辛い」と感じる必要はない。孤独を好きになった方が人生成功する3つの理由

2019年12月26日

 

このように、一人が好きな方がこれからの時代に幸せを掴みやすいということです!!

 

一人が好きな人に向いている人間関係

周りが外向型人間ばかりだと、周りと自分の違いに悩み、孤独を感じてしまうことがあります。

 

特に外向型は、社交的で友達も多く、いつも楽しそうにしている印象がありますよね。

 

でも、無理に外向型に合わせて自分を偽る必要はありませ

 

なぜなら、内向型は好奇心や探究心を満たすことでエネルギーを得るため

相手の内面が知れるような深い話には、興味を抱くからです。

 

そのため、たくさんの人と関わるのは苦手ですが、

気の知れた人と、じっくり話し合い、仲を深めることは得意です。

 

つまり、内向型に向いている人付き合いとは、狭く深くが基本ということですね。

 

実は、人間はもともと群れで生活する動物なので、人から影響を受けやすいという性質を持っています。

 

そのため、人間関係が広がることで、人生そのものに多大な影響を及ぼしてしまうことが

研究によって明らかとなっています。

 

 

逆に狭く深い人付き合いを心がけていれば、以下のように様々なメリットがあります。

狭く深い人間関係のメリット

  1. 大切な人のことを大切にできる
  2. 余計な時間やお金を消費せずに済む
  3. 余った時間やお金を自分に投資して成長することができる 

 

このように、世間的には一人が好きな人のことを良く思わない風潮がありますが

一人が好きなことで得られるメリットは大きく、決して悪いことではありません。

 

明日から「一人が好き」ということを、胸を張って生きていただければ幸いです。

 

 

今回はここまでとなります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

もしよろしければ・・・

▼この記事の評価をお願いします!!▼

頂いた評価は人気ブログランキングで反映されます


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

「人間関係に疲れた」

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です