なぜ?「嫌われる人見知り」と「好かれる人見知り」のたった1つの違い

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

人見知りだと嫌われる?

 

人見知りな性格で周りとコミュニケーションを取るのが苦手だと

つい「自分は嫌われているんじゃないのか」と不安になってしまいますよね^^;

 

僕もそのうちの1人でした。

 

しかし、人から嫌われる原因はコミュニケーションの上手い下手ではないことを知りました。

 

つまり、人見知りな性格でも嫌われないということです^ ^

 

では、人から嫌われてしまう原因っていったい何なんでしょうか?

 

そこで今回は、同じ人見知りでも、人から「嫌われる人」と「好かれる人」の違いについてシェアしていきますね^ ^

 

人見知りだから嫌われるわけではない理由

同じ人見知りの中でも、周りから嫌われて孤立してしまう人と、周りに受け入れられて溶け込める人がいますよね?

 

この違いってどこにあるんでしょうか?

 

インターネットで検索すると、以下のようなことが嫌われる人の特徴として書かれています。

嫌われる人の特徴
  • 自己主張が強い
  • 自慢話をする
  • 言い訳をする
  • 上から目線
  • 否定ばかりする
  • 不平不満・愚痴が多い

 

しかし、ここで1つ疑問が浮かびます。

 

でも人見知りって、そもそも会話が苦手で自分から話すことはあんまりないのが特徴だよなぁ

 

そうなんです!!嫌われる人の特徴はどれも会話のスキルに関すること

自分から話せない人見知りにとっては、あまり関係のないことだったんです^ ^

 

じゃあ、人見知りで嫌われる人は、何が原因で嫌われてしまうのか?

 

「嫌われる人見知り」と「好かれる人見知りの違い」のたった1つの違いとは?

オルゴン大学の研究によると、感情が顔に出ていたり、

ボディランゲージでリアクションとして表現されている人の方が、

感情が表に出ない人よりも、好感が持たれることが判明しました。

逆に、感情を表に出さない人とは、親密な友好関係を築けないだろうと判断されてしまう。

引用:コミュ力を高める対人不安克服法

 

つまり、人から好かれる・好かれないは「感情が表に出すか・出さないか」によって分かれるということですね^ ^

 

今まで、人と良好な関係を築くためには話すことが大切だと思っていましたが、

実は、話すことよりも感情を伝えることが対人関係においては重要なんですね^ ^

 

しかし、人見知りは相手に警戒心が働くことで引き起こされることがわかっています。

 

警戒心が働いている状態で、感情を表現することなんてできるのでしょうか?

 

嫌われる人見知りになってしまう根本的な原因

人見知りになってしまうのは、警戒心が働いているからです。

 

そして警戒心が働いている状態では、感情を表に出すことは難しいですよね?

 

そもそも、警戒心が働きやすいのは、内向型という気質を持っているからです。

 

内向型とは、心理学者のカール・ユングが唱えたパーソナリティーの1つです。

 

ユングによると、人間は内向型と外向型のどちらか寄りの気質を持って生まれてくるとされている。

引用:内向型人間とは?脳の仕組みから、特徴や強みの活かせる仕事までを徹底解説!!

 

そして内向型は、長期記憶に頼った情報処理を行っているため

恐怖や不安を学習しやすく、神経質になりやすい特徴を持っています。

引用:内向型人間とは?脳の仕組みから、特徴や強みの活かせる仕事までを徹底解説!!

 

なぜなら、人間には危険から身を守るという本能があり、長期記憶にはネガティブな情報ほど記憶されるからです。

 

幼い頃にギャーギャー泣き叫んで、親や先生から怒られた経験が長期記憶に保存され

感情を表に出すことは悪いこと」と記憶されてしまうから警戒心が働き、感情を表に出せなくなっているんですね^^;

 

以下の記事では、内向型の特徴や強みの活かし方について徹底的に解説していますので

ぜひ1度読んでみてくださいね^ ^

 

内向型人間とは?脳の仕組みから、特徴や強みの活かせる仕事までを徹底解説!!

2019年10月5日

 

では、長期記憶に頼った情報処理をしている内向型は、どうしたら感情を表に出せるようになるのか?

 

好かれる人見知りになるための2ステップ

無意識に感情を抑えてこむ習慣に身についていると、本当の自分の気持ちが分からなくなってしまいますよね^^;

 

そのため、感情を表現しようにも何が自分の気持ちなのかわからず、すぐに出せないという事態に陥ってしまう。

 

そこで、感情を表現するためには以下の2ステップが必要になります。

自分の気持ちを取り戻す2ステップ
  1. 自分の気持ちを取り戻す
  2. 自分に許可を出す

 

一つずつ説明していきますね^ ^

 

 

①自分の気持ちを取り戻す

自分の気持ちを取り戻すために、最も有効だと考えられているのが瞑想です。

 

瞑想を行うことで、「今この瞬間、自分はどんな感情を抱いたのか?」という

自分の内側を客観的に捉えられるようになり、自然と本当の気持ちに気づけるようになります。

 

実際に僕自信、2年近く瞑想を行っていますが、今では無意識に自分の感情を表現できるようになりました。

 

瞑想を始めて行う人は、なかなか集中力が続かずに挫折してしまうかもしれません。

 

そのため今回は3分でできる短い瞑想をご紹介します。

 

やり方は以下の3ステップです。

3分間瞑想のやり方
  1. 始めの1分間は自分の身の周りの音だけに集中してください。それ以外のことに意識は向けないでください。
  2. 次の1分間は、自分の呼吸の流れにだけ集中てください。吸った息が肺を通り全身を廻り吐き出す流れをイメージします。
  3. 最後の1分間は、自分の体の1部に集中します。たとえば指先だけに意識を向け、指先で感じる感覚を捉えます。

 

これを毎日1セットずつ続けてみてくださいね^ ^

 

瞑想を習慣化すると、1つのことに意識を集中させるのが上手になります。

 

その結果、仕事の効率が上がったり、ストレス源から意識をそらせるようになるので

ポジティブな気持ちで毎日を過ごすことができるようになります^ ^

 

②自分に許可を出す

感情を表に出せなくなってしまった原因は、過去に「感情を表に出すことは悪いこと」と記憶してしまっているからです。

 

そのため、その原因となった出来事を思い返し、「感情を表に出しても大丈夫」と記憶を塗り替えてあげましょう^ ^

 

すると、ブレーキが外れ自然と感情を表現することができるようになります。

 

では、どうやったら原因となった過去の出来事を思い返すことができるのか?

 

以下の記事では、過去の自分を振り返り本当の自分を取り戻すための20の質問を用意しています。

 

ぜひ、時間をとって試してみてくださいね^ ^

 

本当の自分を見つけて、生きづらさから開放されよう。コアパーソナルプロジェクトを見つけるための20の質問

2019年12月14日

 

 

▼あなたが内向型ならぜひクリック!!▼


人気ブログランキング


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

「人間関係に疲れた」

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です