向いてる仕事がわからない!!6タイプの性格から適職がわかるホランド理論とは?

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

自分の向いてる仕事がわからない

 

そんな方に向け、今回は6タイプの性格から適職を導き出すことができる「ホランド理論」をご紹介します。

 

ホランド理論を知ることで、あなたの性格に向いている仕事を見つけることができるようになりますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね^ ^

 

ホランド理論とは?

ホランド理論とは、アメリカの心理学者である「ジョン・ホランド」が唱えた職業選択理論です。

 

ホランドは自分の職業選択理論を土台に進路指導および、キャリアカウンセリングの世界に多大な影響を与えた人物です。

 

ホランドはカウンセラーとしての経験から「職業興味とパーソナリティが非常に関連深い」ことに気づきます。

 

人間は、教育や周りの環境に影響を受け価値観が生み出され、性格が作り出されてるとともに

持って生まれた気質によって、興味・関心の方向性が左右される結果、独自の行動傾向が生み出されるとホランドは考えた。

出典:R-CAP

 

そこで、多くの実証的研究と理論的検討を重ねたうえで

パーソナリティ(個人の職業趣味)と環境(職業環境)のタイプを6つに分けて、個人と職業のマッチングを図ることを唱えました。

 

それが、「RIASEC六角形モデル」です。

 

6つの性格から適職を判別する「RIASEC六角形モデル」とは?

ホランドが唱えた「RIASEC六角形モデル」を図に落とし込んだのが下のものになります。

RIASEC六角形モデル

 

ひとつずつ解説していきますね^ ^

 

Realistic:現実的タイプ

性格特徴

明確な仕組みがあり予測が立つことや、具体的でわかりやすいことを好む一方、曖昧なことや柔軟な対応を苦手とします。

 

職業環境

人と関わることよりも、機械や道具の操作・扱い「技」を磨いていく技術系の仕事が向いている

 

職業例

電車運転士/和菓子職人・パティシエ/機械設計技術士/建築・土木従事者/歯科技術士/自動車整備士/消防士/水産養殖従事者/造船技術者/動物保育員/農業従事者/料理人/機械エンジニアなど

 

Investigative:研究的タイプ

性格特徴

好奇心や思考力が高く、1人で1つのことに没頭することを好みむ一方、内気で慎重な面がある。

 

職業環境

1つの物事を探求し、観察や分析、深い思考を伴う高度知的専門職の仕事が向いている

 

職業例

WEBクリエーター/システムエンジニア/パイロット/マーケティングリサーチャー/レントゲン技師/診療放射線技師/医師/学芸員/気象予報士/研究者/獣医師/大学・短大教員/薬剤師

 

Artistic:芸術的

性格特徴

繊細で感受性が強く、美的感覚に優れている一方、何かに制約を受けたり制限されることが苦手で、規則やルールよりも自由や個を好みます。

 

職業環境

慣習にとらわれず独創的な発想で、創造性や自己表現が求められる仕事が向いている

 

職業例

イラストレーター/声優/マンガ家/ダンサー/インテリアコーディネーター/ファッションデザイナー/演奏家/編集者/建築技術者/通訳者/カメラマン/芸能人

 

Social:社会的タイプ

性格特徴

人を教えたり、助けたり、協力することを好み、明るく活発である一方、1人になることが苦手でお節介と思われてしまうこともあります。

 

職業環境

人と接することが多く、コミュニケーションによって互いを理解し合うことが求められる仕事が向いている

 

職業例

スポーツ指導員/ホテルコンシェルジュ/飲食店定員/販売員/介護福祉士/看護師/教員/警察官/公務員/美容師・理容師/保育士/理学療法士/臨床心理士

 

Enterprising:企業的

性格特徴

熱意や向上心があり、人を説得することやまとめることが得意ですが、周りの評価や影響力を好み野心的な側面もあります。

 

職業環境

利益を得ることや目標達成に向かって、競争力やリーダーシップが求められる仕事が向いている

 

職業例

アナウンサー/ショップ定員/ブライダルプランナー/プロスポーーツ選手/経営コンサルタント/営業職/放送ディレクター/客室乗務員/経営者/国会議員・地方議員/新聞記者/弁護士

 

Conventional:習慣的

性格特徴

データを体系的にまとめるのが得意で、安心できる環境や丁寧に整えられた環境を好み保守的であるため、独創的なことや規則性がないことを苦手とする。

 

職業環境

規則正しく計画的に物事を進め、正確さや機密さ、粘り強さが求められる仕事

 

職業例

航空会社旅客係/グランドスタッフ/チェッカー/プログラマー/テレフォンコミュニケーター/銀行員/郵便局員/携帯ショップ販売員/事務員/公認会計士/航空管制官/行政書士/秘書/旅行会社カウンター係

 

適職診断の解釈について

適職診断を行うためには、「RIASEC」をもとにして以下の3つを考慮していきます。

 

①3レターコード

3レターコードとは、「RIASEC六角形モデル」の中で、自分が当てはまるタイプの上位3つのことです。

 

例えば、1位「研究的タイプ」・2位「現実的タイプ」・3位「芸術的タイプ」だった場合

あなたは、これら3タイプの要素も併せ持っていることになるため、3つの要素が含まれる仕事が合っていることになります。

 

ただし、3レターコードから短絡的に職業選択をするのではなく、しっかりとした自己分析も必要になります。

 

以下の記事では、20問の質問から「好きなこと」「得意なこと」「自分の価値観」を明確にして

自分の役割を見つけるための自己分析が行えます。

 

しっかりと適職を見つけたい方は、ぜひ1度試してみてくださいね^ ^

 

本当の自分を見つけて、生きづらさから開放されよう。コアパーソナルプロジェクトを見つけるための20の質問

2019年12月14日

 

②一貫性

一貫性とは、「RIASEC六角形モデル」の有効性を確かめるものです。

 

「RIASEC六角形モデル」の隣り合ったタイプは相関性が高く、3レターコードが隣接したタイプで揃った場合は有効であると言えます。

例:1位「現実的タイプ」・2位「研究的タイプ」・3位「習慣的タイプ」

 

もし3レターコードが対角線上にあるタイプになった場合、相関性は低く有効性がありません。

 

なにか別の要因による悩みによって、純粋に職業興味を選択できていないことが考えられます。

例:1位「現実的タイプ」・2位「社会的タイプ」・3位「芸術的タイプ」

 

③分化

分化とは、診断者のパーソナリティ発達度を表すものです。

 

分化している状態だと、特定のタイプの数値が高く、他のタイプの数値が低くなります。

 

この状態は、パーソナリティーが発達していることを示し、より自分に向いている仕事を明確化することが可能です。

 

分化していない状態では、全てのタイプの数値が高い、もしくは低くなり

まだ、パーソナリティーが未発達なため、自分に向いている仕事を特定することが難しくなります。

 

分化していない状態の人は、経験や学習を重ねていくことで、パーソナリティが発達して次第に分化します。

 

このように、仕事は自分のパーソナリティに合っているもの、合っていないものが存在し

闇雲に職業選択をすると、自分の向いていないことばかりを行うことになり

仕事や人生そのものが辛いものになってしまう恐れがあります。

 

そのため、今回ご紹介したホランドの「RIASEC六角形モデル」を使って、ぜひ1度自分に向いている仕事を見つけてくださいね^ ^

 

また、以下の記事では「RIASEC六角形モデル」を使った適職診断を行うことができますので

自分に適した仕事を知りたいという方はぜひ1度お試しください。

 

性格タイプから向いてる仕事が診断できる心理テスト(全20問)

2020年4月7日

 

さらに、「RIASEC六角形モデル」を応用して、自分に向いている起業スタイルを診断できる「起業家6タイプ」という理論もあります。

起業に興味がある方は、自分がどんな職業で起業するのがいいのかの診断が行えるので

失敗のリスクを抑え、自分の能力を存分に発揮した起業が行えるようになるのではないかと考えています。

 

あなたはどんな起業に向いている?性格からわかる「経営者6タイプ」

2020年4月10日

 

 

▼あなたが内向型ならぜひクリック!!▼


人気ブログランキング


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

「人間関係に疲れた」

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です