協調性がないという才能。仕事で成功するためには協調性は必要ない3つのデータ

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

 

協調性がないのは悪いこと?

 

僕が昔からずっと思ってきたことです。

 

しかし、日本では空気を読めない人は「KY」と呼ばれ(もう死後?)

周りに合わせられない人は煙たがられてしまいますよね^^;

 

だからこそ、無理に周りに合わせるような生き方を選んできましたが

それが返って自分の生きづらさを生んでいることにここ最近気がつきまいた。

 

実は様々な研究によって協調性は返って自分の弊害になることが判明しています。

 

そこで今回は、成功するためには協調性が必要ないという科学的データと

協調性がない人に最適な生き方について解説していきます。

 

なぜ協調性が必要とされているのか?

日本はよく「空気を読む文化」と言われていますよね。

 

欧米では自己の意見をきちんと主張できる人が称賛される一方

日本では周りに合わせて波風立てない人が称賛されます。

人当たりの良い人物が高い社会的スキル評価を受けるのは、その積極性よりも協調性による部分の方が大きいことを見出している。

すなわち、自己主張や積極性の強さは、我が国においては必ずしも歓迎されない可能性があると考えられるわけである。

引用:対人関係における外向性の直接的効果について

 

なぜ日本ではこれほど協調性が重視されるんでしょうか?

 

それは、日本が単一民族の集団主義社会だからです。

そのため、多国籍の個人主義の欧米のように、個性を尊重するよりも

集団の和を尊重し、周りに合わせて波風立てない人が評価されます。

出典:日本的価値観は正しいのか?

 

そのため学校でも、協調性を重視した教育を行なっています。

出典:教師が考える児童生徒の協調性

 

上の表は、教師が生徒に期待する人物像を調べた調査結果です。

 

見ていただいてわかるように、協調性と関連する項目が多くあります。

 

また、実際に教師はなるべく「人に合わせようとする生徒」を高く評価しています。

出典:教師が考える児童生徒の協調性

 

その結果、日本の多くの企業が「ボトムアップ型」の経営を行うようになりました。

出典:ITmediaエグゼクティブ

 

ボトムアップ型の経営方式とは、現場力をベースにした組織マネイジメントを行う経営スタイルのことで

例えば、PanasonicやSHARPのように各部門がそれぞれ事業の提案を行い、それをトップが採用していくという形が特徴的です。

 

そのため、部門内での協力体制が重要になり、協調性が求められるんですね^^;

 

実際、経団連が発表した「選考時に重視する要素」のトップ5の中に、コミュニケーション能力や協調性が含まれています。

引用:「2018年度 新卒採用に関するアンケート調査

 

そのため、学校でも社会の中でも協調性がないと生きづらさを感じてしまうんですよね^^;

 

しかし、なぜこれ程までに協調性が重視されているのに、身につかないんでしょうか?

 

次項では、その原因について詳しく解説していきます。

 

協調性がないのは生まれつきの気質が原因

僕のように協調性がない人の多くは、内向型という気質を持っています。

 

内向型とは、心理学者のカール・ユングが唱えたパーソナリー理論です。

 

ユングによると、人間は生まれながらに「内向型」か「外向型」のどちらか寄りの気質を持って生まれてくると言われています。

「内向型」と「外向型」の違いは、刺激に対する感度の違いから生まれます。

 

人間は、ドーパミン受容体DRD4と呼ばれる遺伝子の長さによって刺激に対する感度に違いがあると言われています。

 

そして内向型はDRD4遺伝子が短いため、受容できるドーパミンの量が少なく、刺激に対する感度が高いです。

 

そのため、弱い刺激を心地よく感じ、強い刺激をストレスに感じます。

 

この強い刺激をストレスに感じるという特徴があるため、無意識に強い刺激を避けたり抑えたりする行動をとってしまうんですね^^;

 

その結果、集団生活や人と一緒に活動したりするのを苦手に感じてしまいます。

他者との相互作用をストレッ サーとして知覚しやすい内向的な人にとっては、広いネットワークの中での他者からの過剰なサポートは、精神的不健康を高めてしまうということが示唆された。 

引用:外向―内向性がソーシャル・サポート過程と精神的健康に及ぼす効果

 

逆に1人静かな場所で考え事をしたり読書をしたりすることを好みます。

内向型の人間には、自分の体と外界とを隔てる物理的スペースが必要だ。これにはいくつか理由がある。

第一に、彼らには、自分の考えたことや感じたことを処理するために、内へ注意を向ける必要があり、そのためには外からの刺激を遮断しなければならない。

第二に、単に周囲に人がいて、動きがあるだけで内向型のバッテリーは消耗してしまう。

第三に、内向型は、外界を遮断しないと新たなエネルギーを生み出せない。

引用:内向型を強みにする 

 

また内向型は、弱い刺激によってエネルギーを得ることから、内部刺激によってモチベーションが湧きます。

 

内部刺激とは、思考やヒラメキ、好奇心や探究心など自分の内側から生まれる刺激のことです。

 

そのため、外部刺激である他人との会話や、人から称賛されることに興味が薄く苦手としています。

 

だから、協調性がないと思われてしまうんですよね^^;

 

逆に外向型は外部刺激によってエネルギーを得るため、他人との会話や人から称賛されることに興味が高く

その結果、友好的で社交性があるという印象を持たれます。

外向性をさまざまな側面から検討したところ、「友好的外向」という成分が協調性や好意的感情と関連を持つことが示され、これが見かけ上の認知を生む原因であることが考察された。

引用:対人場面における好意的感情と外向性の関連性について

 

しかし、実は最近の研究によって、仕事やビジネスで成功するためには協調性は必要ないことが明らかになっています。

 

次項でさらに詳しく解説していきますね^ ^

 

成功するためは協調性は必要ない3つのデータと協調性がない人に最適な生き方

最初に述べた通り、日本では日常の人間関係や仕事において、協調性が大切だと思われてきましたが

実は協調性が高い人ほど年収が下がってしまい、貧しい思いをする可能性が高いことが様々な研究により判明しています。

ある研究では、25年分のデータから300万人を調べ

協調性とクレジットカードの信用スコアや収入の相関を調査しました。

 

その結果、協調性が高い人ほど、クレジットカードの滞納が多い

また、収入が低く破綻する確率が50%も高いことが明らかになりました。

 

さらにジョージア大学が1258人のビジネスマンを対象に研究では

協調性が高くなるほど、上司からアドバイスをもらえなくなり

仕事を成功させる道標や技術や経験が得られず、年収が下がってしまう傾向があることがわかった。

 

また、2018年のクィーンズランド工科大学の研究でも

協調性が高い人は昇進しにくいという結果が得られた。

 

なぜこのように、協調性が高い人ほど、年収が低くなってしまうのでしょうか?

 

それは調性が高いほど、周りに合わせたり、他人を優先してしまうからです。

 

その結果、自分の考えが持てなくなったり

周りが自分がどんなことに悩んでいるのかを把握できず

アドバイスがもらえなくなってしまう。

 

また、他人を傷つけることが苦手なので、衝突を避けて厳しい決断ができなくなってしまう。

 

そのため、リスクを取れず、馴れ合いになって責任ある立場を任せられなくなる。

 

あるいは、馴れ合いになってしまうと、お金への執着がなくなり、必死に働かなくなってしまいます。

 

自分の力で物事をなんとかしようと考えず、周りに頼りながら生きていこうと考えてしまう。

 

つまり、協調性が高い人ほどお金や仕事への執着心が低く、収入が減ってしまうわけですね。

 

だからこそ、成功したいと思うなら、協調性がないことを気にする必要はないと言えます。

 

協調性を重視する企業はなくなっていく

また、今後は現場力をベースにしたボトムアップ型の組織マネイジメントを行う企業がなくなっていきます。

 

なぜなら、事業の寿命が縮まっているからです。

 

インターネットが発達したことで、以前と比べモノや情報の流通スピードが格段に早くなりましたよね。

 

その結果、流行の流行り廃りのスピードも早まり、以前は30年と言われた事業の寿命が今では3〜7年と言われています

出典:次世代起業家育成セミナー

 

このような時代では、現場ベースで事業を進める経営方式では、時代の流れについていけないため

トップダウンでスピードを重視した経営になっていきます。

 

実際、今時代を動かしているGoogle・Amazon・Facebook・Appleなどをはじめとする

アメリカのテック企業は、全てトップダウンで事業を展開しています。

 

逆にボトムアップの組織マネイジメントタイプの経営で事業を進めていた

SHAP・Panasonicをはじめとする日本企業は、時代の波に取り残されつつあります。

 

そのため今後、社会の中で必要になってくるのは、周りと協力できる人ではなく

新しい価値を生み出せる能力に変わってきます。

 

これをナレッジワーキングと呼び、実は内向型が得意とする分野なんです^^

 

なぜなら、ナレッジワーキングには高い専門性が必要になるからです。

 

内向型は、周りと協力して仕事を進めるのが苦手ですが

1人で1つのことに集中的に取り組むことが得意なので、スペシャリストになるための強みが備わっています。

 

以下の記事では、内向型がスペシャリストに向いている理由を徹底的に解説していますので

興味があればぜひ1度読んでみてくださいね^^

 

内向的な人は「人と関わらない仕事」で活躍できる時代が来る。2025年の働き方。

2019年12月11日

 

また以下の記事では、内向型の強みを活かして人と関わらずできるナレッジワーキングを紹介していますので

気になる方はぜひ1度読んでみてくださいね^^

 

 

Mu

今回はここまでとなります。

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

以下の記事では「内向型に最適な生き方」のロードマップとなる厳選10記事をご用意してあります。

はじめての方は、まずはコチラからご覧くださいね^^

 

もしよろしければ・・・

▼この記事の評価をお願いします!!▼

頂いた評価は人気ブログランキングで反映されます


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

 

<自分のペースで生きたい>

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です