内向型人間と成功している起業家の3つの共通点

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

内向型の本を読むと、世の中で成功している人の中には内向型が多いということをよく目にします。

向型で成功している起業家の代表的な例

ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)

ステーブ・ジョブズ(Apple創業者)

マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)

 

なぜ彼らは世界を引っ張るような起業家になれたのか?

 

それは、内向型は現代の起業に適した能力を備えているからです。

 

情報革命が起こる前の時代では、起業家と言えば派手なスーツを身に纏い

自信に溢れ社交的な人というイメージでした。

 

しかし、情報革命以後の起業家たちは、Tシャツやタートルネックを身に纏い

大人しい性格で、自分の世界を追求しているようなイメージに変わってきました。

 

つまり、情報革命が起こった現代は、内向型が起業するのに向いている時代ということですね。

 

そこで今回は、内向型人間と成功している起業家の共通点から

内向型に備わる起業家の素質について紹介していきますね^ ^

 

内向型人間と成功している起業家は自由を求める

2012年に2万7千人以上の起業家を対象とした大規模なアンケートが実施されました。

このアンケートの目的は「モチベーションが高くて成果を挙げている起業家に共通するメンタリティー」を調べることです。

対象者は生産性の低い起業家から生産性の高い起業家まで、事業内容は様々。

アンケートの結果、「起業するにあたり、何をモチベーションに起業したか」という質問に対し

自分自身で全てのことをコントロールできることと答えた人が最も多かったのです。

出典:メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」

 

つまり、他人に左右されず「給料や取り組む仕事」「関わる人間」「時間管理や将来の道」を自分で選択することを好み、

起業を通じて自由に生きる環境を得たいと考え、それを目標にモチベーションを維持していたということなんです。

 

また、別の調査でも似たような結果が出ています。

1992年に世界各国の様々な人を対象に、「成功をどのように定義しているか」についての調査が行われた。

調査の結果、成功している起業家ほど、自分の人生を自分でコントロールすることや、お金を増やすことを成功の定義としていてることがわかった。

一方、非起業家は、成功の定義を新しいことにチャレンジして目標を達成することや、特定の集団の中で地位や権力を手に入れたいという自己顕示欲満たすことを成功と定義づけていました。

出典:メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」

 

夢を叶えたいとか、モテたいとか、起業して楽になりたいといった表面的な欲求では

ある程度努力が必要な起業ではモチベーションが保てず、途中で挫折してしまう可能性が高いんですね。

 

それよりも、もっと人間の潜在的な欲求にフォーカスしてモチベーションを保たないと起業で成功できないんですね。

 

そして、実は内向型人間も自由が大好きです。

 

なぜなら、好奇心や探究心を満たすことでエネルギーを得るからです。

 

内向型は刺激に敏感な体質を持っているため、強い刺激をストレスに感じてしまう。

そのため、内発的刺激によってモチベーションが上がる特徴があります。

 

内発的刺激とは思考やヒラメキ、好奇心や探究心を満たすことで発生する弱い刺激のこと。

 

つまり、内向型は自分の好奇心や探究心を満たすため、自分の興味のあることに没頭したい性質があるんですね。

 

だから、誰かに与えられたことをするのが苦手で、自由にマイペースに生きたい欲求が強い。

 

逆に、地位や権力などは外から与えられる報酬で外発的刺激となり、

内向型にとってはそれほど魅力を感じられないため、これを目標に起業した場合は長続きしません。

 

内向型人間と成功している起業家は、リスクを避けるのが上手

一般的には、成功している起業家ほど、大きなリスクを取って成功していると思われがちだが、実際は違う。

 

起業家は好んでリスクを取っているのかを調べた、ある2つの研究があった。

1980年に行われた研究結果では、起業家はリスクを好まないという結論が出されてた。

また、1992年に行われた別の研究でも、起業家はリスクを好むものではなく、ただリスクに強い傾向があるとしている。 

実は起業家というのは、リスクを最小限に抑えた小さな失敗をたくさん重ね

自分が勝てるポイントをリサーチしているのだ。

そして、自分が勝てるポイントに資源を一気に投入して成功しているのです。

出典:メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」

 

実は内向型もリスクを避けるのがとても上手です。

 

なぜなら、内向型には恐怖や不安を学習しやすく、神経質になりやすいという特徴があるからです。

 

刺激に敏感な内向型は、外部刺激を受けることでエネルギーを消耗してしまいます。

 

そのため、なるべくエネルギーを消費しないよう合理的な行動をするための情報処理システムを備えている。

 

内向型が備える「合理システム」は、長期記憶に頼った情報処理を行います。

 

長期記憶は、過去のエピソードや感情、過ちや倫理を記憶している場所で、ネガティブな情報ほど保存します。

 

なぜなら、人間には危険から身を守るという本能が備わっているからです。

 

そのため、「合理システム」では、理論やデータ、分析や法則といった裏付けによって物事を理解し納得する。

 

また、前頭葉という思考や計画、学習や意味付けを行う領域を使って、計画的かつ慎重に行動に移す。

「『敏感な』あるいは『高反応な』タイプは行動する前にじっくり観察して戦略を練る。そのため、危険や失敗やエネルギーの無駄遣いを避ける。これは『本命に賭ける』あるいは『転ばぬ先の杖』という戦略だ

引用:スーザン・ケイン. 内向型人間のすごい力

 

このような特徴があるからこそ内向型は、1つのことを熟考する集中力と優れた分析力があると言われているんです^ ^

 

そして、今後益々インターネット上でのビジネスが主流となってきます。

 

インターネットビジネスで成功するためには、リサーチやデータ分析が欠かせない要素の1つなので

優れた分析力を持つ内向型にとっては、強みを活かせる時代とも言えるんですね^ ^

 

この強みを活かせば、リスクを最小限に抑え、リターンを最大化して起業で成功することが可能です。

 

またインターネット上のビジネスは、対面でなく、コミニュケーションのほとんどは文字で行います。

 

そういった意味でも、内向型に適したビジネス環境はオンライン上だと感じています。

 

内向型人間と起業家は、自分ルールを持っている

よく経営者のように責任が重くなってくると

「確実に決断しよう」「よく考えて決断しよう」といった考えになってくるのかと思いきや

そうではないようです。

 

しかし実際は、自分の中でルールを決めて、スピーディーに決断しているということが明らかになった。

1997年の研究によると、成功した起業家ほど重要な決断をするときは

十分なデータや根拠を集める時間がない時であっても、できるだけ早く決断しようと心がけていることがわりました。

確かに起業家ともなれば、全てを自分で選択しなければいけない場面はたくさん訪れます。

そのため、自分なりのルールを作らなければ何の決断もできなくなってしまうのです。

出典:メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」

 

一方内向型も自分なりのルールを作るのが得意です^ ^

 

これはあまり知られていない特徴の1つですが

内向型はエネルギーの消耗を抑えるために合理的な情報処理を行いますよね^ ^

 

これはつまり、計画的かつ効率的な行動が取れるように備わったシステムなんです。

 

合理システムは、能動的に思考して裏付けを見出すシステムなので、脳の負担が大きい。

 

そのため、情報処理に時間がかかるというデメリットがある分

1つのことを深く熟考できるメリットも存在しています。

 

エネルギーの消耗が激しく、外向型のように質より量で行動を起こせない内向型だからこそ

徹底的に考えて無駄なことを省くことが得意なんです。

出典:
行動できない理由は脳の癖にあった。自分の脳にあった行動力の身につけ方

 

だから、効率的で無駄がないようなマイルールを作るのが得意というわけですね^ ^

 

スティーブ・ジョブズやザッカーバーグが毎回同じ服しか着ないのは、このシステムがあるからです^ ^

 

このように、内向型は現代の社会で成功している起業家と同じ脳の仕組みを持っています。

 

そして、内向型が起業で成功するためには、自分の好奇心や探究心を満たせるモノを見つけ

それに取り組むことが最も重要だと言えます。

 

それさえ見つかれば、あとは内向型に備わっている能力を発揮すれば自ずと成功は見えてくるはずです!!

 

また、成功している起業家が徹底してやっていることは

最も大切なことを最も大切にする」ということです。

 

この考えがあるからこそ、1つのことにエネルギーを集中して成功させることができるんですね^ ^

 

この考えを教えてくれたのは、加藤将太さんという人でした。

 

加藤さんは経営コンサルタントでありながら、年商10億円規模の企業を経営するトップ経営者です。

 

その加藤さんが、「最も大切なことを最も大切にする」考えかたについて解説した動画があるので

シェアしたいと思います^ ^

僕もこの動画を見て、なぜ自分がこれまで成功できないかを知ることができました。

 

それは単純に、成功に必要のないことばかりしていたということです。

 

しかし、この動画を見て考えが変わったおかげで、起業してわずか3ヶ月で月商121万円を達成しました。

 

もしあなたが起業に興味があるなら、僕が121万円を達成した方法を誰でも再現できるよう50ページにまとめた

「人と関わらない仕事のはじめ方」完全マニュアルを無料でプレゼントしています。

 

以下のページにプレゼントの詳しい受け取り方法を記載していますので

ぜひ1度読んでみてくださいね^^

 

「人と関わらない仕事のはじめ方」完全マニュアル3点セットプレゼント!!

2020年3月29日

 

 

▼あなたが内向型ならぜひクリック!!▼


人気ブログランキング


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

「人間関係に疲れた」

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です