他人に興味がない人の心理的原因と成功しやすい理由がわかる3つの研究データ

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

僕はよく「他人に興味がないでしょ!?」と言われます。

 

それは以下のような理由があるからです。

  • 相手が少し前に言っていたことを忘れてしまう
  • 相手の話を集中して聞いていないように思われる
  • 自分から誰かを気にかけるようなことが少ない
  • 人の名前をなかなか覚えられない 

 

このようなことがことがあり、今まで何回も他人に興味がないと言われてきました。

 

その結果、他人に興味がないことって悪いことなんだと考えるようになり

 

興味を持てない自分は、人より劣った人間だと感じるようになってしまったのです。

 

「自分は、どこかおかしいんじゃないのか?」

 

そう思うことも、多くありました。

 

それからは、他人に興味を持っているフリをして、無理やり自分を演じるようになります。

 

興味がないことを相手に悟られないように、愛想笑いをしたり、話を広げようと質問を繰り返したり。

 

しかし嘘の自分を演じていると、人と関わることが疲れるようになり、どんどん辛くなってしまうんですよね。

 

でもある時、他人に興味がないことは自分の生まれもっと気質が関係していることを知り

ただの個性だと思えるようになりました。

 

それからは、無理に人に興味を持とうとすることをやめ

それよりも、他人に興味がないことで生まれるメリットを活かすことに考え方を切り替えたところ

自分に向いている生き方が送れるようになり、以前のようにストレスを感じることがなくなりました。

 

そこで今回は、他人に興味を持てない原因と、どうやって社会で生きていけばいいのか?といったことについて話ていきます。

 

他人に興味が持てない心理的原因

他人に興味が持てないのは、自分の内側に意識が向きやすい脳の癖があるからです。

 

なぜそのような脳の癖があるのでしょうか?

 

それは、内向型という気質を生まれ持ってきたからです。

 

他人に興味が持てない理由は気質に深い関係がある

内向型とは、心理学者のカール・ユングが唱えた、人間のパーソナリティーの1つです。

 

多くの人とは異なり、内向型の脳は内部刺激によって活性化します。

 

内部刺激とは、思考やヒラメキ、好奇心や探究心という、自分の内側から受ける刺激のこと。

 

この内部刺激によって、モチベーションが湧いたり、エネルギーを得ることができるので

意識が自分の内側に向きやすいんですね。

 

逆に外部刺激である、人と会って話したり、称賛されるようなことには関心が弱くなります。

 

神経伝達物質の違いが、他人に興味がわかない根本的原因

なぜ内向型は、内部刺激によって脳が活性化するのでしょうか?

 

それは、刺激を受けたときに脳内に伝達する神経物質が、多くの人とは異なるからです。

 

多くの人の場合、刺激を受けるとドーパミンという神経伝達物質を発生させます。

 

ドーパミンは報酬系物質で、脳内麻薬と呼ばれるほど強い物質です。

 

ドーパミンは、刺激が強ければ強いほど発生し、それに伴い脳を活性化させ興奮状態を引き起こす。

 

例えば、大勢人が集まる場所や激しいスポーツ、ジェットコースターなど。

 

これらは外的要因によって生まれる刺激なので、外部刺激と呼ばれます。

 

つまり、外部刺激によってドーパミンを発生させ、快感を得ようとする。

 

その結果、人と話したり、笑わせたりすることを好み、他人に興味があるように見えるんですね。

 

一方内向型は、刺激を受けるとアセチルコリンという神経伝達物質を発生させます。

 

アセチルコリンは、副交感神経に働きかけ、リラックス状態を誘発する。

 

そのため、強い刺激はストレスに感じ、弱い刺激によって快感を得ます。

 

弱い刺激とは、つまり内部刺激のことです。

 

その結果、人と話すことよりも、本を読んだり、映画を見たりして、一人で集中していることを好む

だから、他人に興味がないように見えてしまうんですね。

内向的な人は、すぐに過度な覚醒に陥りやすいため、刺激の多い経験にさらされることを避け、覚醒水準を低下させるために他者との相互作用を避けようとする傾向がある。

引用:外向―内向性がソーシャル・サポート過程と精神的健康に及ぼす効果

 

下の記事では、内向型の特徴や強みに関して徹底的に解説しています。

気になる方は、ぜひ1度読んでみてください。

 

内向型人間とは?脳の仕組みから、特徴や強みの活かせる仕事までを徹底解説!!

2019年10月5日

 

このように、神経伝達物質の違いが原因で、他人に興味がないと見られてしまいます。

 

そして、この違いは生まれつきのものなので、変えようと思って変えられるものでもありません。

 

では、どういった対応を取って人付き合いをしていけばいいのでしょうか?

 

そのためには、他人に興味がないことで生まれるメリット・デメリットを理解して、正しく使いこなすことが大切です。

 

他人に興味がない人の特徴とメリット・デメリット

多くの人は、他人に興味がないことを悪いことだと考えています。

 

しかし、他人に興味がないからこそ生まれる長所もあります。

 

他人に興味がないで生まれる長所

他人に興味がない分、自分に起きた問題は人に頼らず自分で解決しようとします。

 

そのため、他人を期待することはなく、嫌なことがあっても表面上に表さず自己完結させます。

 

他人へ期待することは、いいことだと思うかもしれませんが

誰かに期待するということは、期待された人は期待に応えようと自分らしさを押し殺してしまうことに繋がりますよね。

 

また、期待しなければ、他人が自分の理想通りのことをしなくても、ネガティブな感情が生まれません。

 

そのため、他人に対して怒ることはなくなり、優しい人と印象を持たれることも多いはず。

 

また、他人に対して余計な束縛干渉をせず、ウザがられる心配がありません。

 

他人に興味がないことで生まれる短所

他人に興味がない人は、内部刺激によって快感を得るため

一人で考えごとをしていたり、自分の興味関心ごとに没頭することを好みます。

 

また、外部刺激を必要としないため、人から褒められるために何かをするということに興味が湧きません。

 

そのため、会話や雑談が苦手だったり、物事に取り組む時はマイペースに進めたいと考えています。

 

その結果、人間関係を上手に築くことができずに孤独になりやすかったり

周りから自己中と思われてしまうことがあります。

このように、他人に興味がないということで様々なメリットデメリットが生まれます。

 

しかし、実は他人に興味がない人の方が仕事やビジネスで成功しやすいと言われています。

 

他人に興味がない人の方が成功しやすい理由

世間では、人に興味を持たないことは悪いことと思われがちですが、決してそんなことはありません。

 

その証拠に、成功者の多くは、他人に興味なんて持っていません

金持ちは「他人に無関心」グーグルグラス使用の調査で判明

 

なぜ、成功者は他人に興味がないのか?

 

それは、自分の時間を1番大切にしているからです。

 

なぜなら、良いアイディアは1人で考えている時にこそ生まれるもの

 

そして、1人の時間こそがもっとも成長できることを知っているからです。

毎年ビル・ゲイツは1週間の「考える週」を実行しています。

この間、社員や友人、さらには家族であっても、彼と連絡を取ることは禁止されています。

Microsoft社で生まれた最も重要なイノベーションは、この期間中に生まれたアイデアをベースにしています。

引用:ビル・ゲイツ 年に2週”ぼっち時間”の効用

ひとりでいるときだけ集中的実践が可能になり、それこそが多くの分野において驚異的な成果をもたらす鍵なのだ

集中的実践がひとりでやってこそ効果があるのには、いくつか理由がある。

極度の集中を必要とするので、他人の存在は気を散らすもとになりうる。

ひとりでいる時だけに、あなたは「自分いとってやりがいのある事柄」にまともに向き合える。

引用:スーザン・ケイン 内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える

 

このように、成功者は他人に興味がないことを悪いことだとは考えず

むしろ、自己投資に欠かせないものだと捉えています。

 

また内向型は、多くの人から干渉されることをストレスに感じ

深く親密な関係を持った人が1人2人いれば、精神的に安定して生きていけます。

  • サポート・ネットワークが大きく、その中の友人からサポートを多く受容しているときには、内向的な人ほど精神的不健康の程度が高まる
  • 内向的な人は,他者との相互作用がストレスへと結びつきやすいために過剰なサポートを受けることは,むしろ精神的不健康を高めてしまうと考えられる。
  • 内向的な人であっても,小さなサポート・ネットワークを持ち,特定の親密な他者からサポートを受容することで,他者との相互作用によって覚醒水準が増加することやサポートを受けることで精神的不健康が高まることを防ぐことができると考えられる。

引用:外向―内向性がソーシャル・サポート過程と精神的健康に及ぼす効果

このように、生まれつきの体質によって他人に興味が湧かない人間がいるにも関わらず

他人に興味を持てという言葉は、ただの価値観の押し付けであり同調圧力です。

 

僕自信、仕事や人生で1番大切なのは人間関係だと思っていましたが、決してそうではなかった。

 

実際は、人間関係が増えれば増えるほど、人から干渉されることが多くなり

 

自分の考え・時間・ペースを保てなくなる

 

また、周りから自分がどう思われているのかが気になることが多くなり

自分らしく生きることが難しくなった。

 

その結果、周りに合わせた生き方になって、自分が本当に大切なこと・やりたいことがわからなくなってしまいました。

 

つまり、自分のことなのに「周りがそうだから」という理由だけで、物事を決めてしまっていたのです。

 

だからこそ、自分が進むべき道を見失い、成功から離れていってしまった。

 

大切なのは、他人に興味がないからこそ生まれる自分だけの考えや時間を大切にして

自分だけの道を切り開くことです。

 

なぜなら、あなたの人生だからです。

 

あなたの人生は、あなたが思うように進んでいけばいい。

 

自分だけの道が見つかれば、目の前のことに没頭し、他人に興味をもつ余裕なんてなくなります。

 

だからこそ思うのが、他人に興味を持てという人は、まず自分に興味を持った方がいいということ。

 

では、どうやって自分だけの道を切り開いていけばいいのか?

 

下の記事では、自分だけの道を切り開くための20の質問を用意しています。

興味がある方は、ぜひ時間をとって試してみてくださいね^ ^

 

本当の自分を見つけて、生きづらさから開放されよう。コアパーソナルプロジェクトを見つけるための20の質問

2019年12月14日

 

また、以下の記事では自分と向き合い内的刺激を満たして没頭できる「人と関わらずにできる仕事」も紹介していますので

興味がありましたら、ぜひ1度読んでみてくださいね^^

 

「人と関わらない仕事のはじめ方」完全マニュアル3点セットプレゼント!!

2020年3月29日

 

 

▼あなたが内向型ならぜひクリック!!▼


人気ブログランキング


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

「人間関係に疲れた」

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です