なぜ日本は生きづらいのか?3つの社会的原因と生きづらさを克服する2ステップ

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

日本って豊かで不自由なく暮らせるのに、なんでこんなに生きづらさを感じるんだろう?

 

あるアンケートによると、日本人の約6割の人が現代の日本社会に生きづらさを感じていること答えたそうです。

 

実際、日本での年間の自殺者の数は3万人を超え、若者の引きこもりは50万人もいると言われている。

 

また、国連が2019年に発表した世界幸福度報告書によると、日本の幸福度は58位で先進国中最悪レベルでした。

 

日本に住んでいると、インフラが整い食べることや住むところに困ることはなく

世界から見たら、比較的高い生活水準で暮らせていますよね。

 

しかし、なぜ国民の6割もの人が生きづらさを感じているんでしょうか?

 

その原因は、日本に社会的3つの変化が起きているからです。

 

そこで今回は、僕がビジネスを学んで気づいた日本を生きづらくしている3つの社会的変化についてご紹介します。

 

日本を生きづらくしている3つの社会的理由とは?

かつての日本は高度成長期を迎え、1968年から2010年までGDP世界第2位。

 

現在は中国に抜かれしまいましたが世界3位です。

 

しかし、日本人の生活満足度は1984年を境にずっと下がり続けているんですね^^;

引用:内閣府「国民生活選好度調査」

 

1984年といえば、日経平均株価が初めて1万円を突破した年で、バブル経済の始まりでした。

 

ではなぜ日本人は、物質的に満たされるようになったにも関わらず生きづらさを感じるようになったのでしょうか?

 

それは、以下の3つの社会的変化が起きたからです。

 

①求める欲求の変化が起きた

高度成長期を迎え、日本は物質的に満たされた豊かな国になりました。

 

人間は物質的に満たされるようになると、精神的な豊かさを求めるようになります。

 

それを表したのが下のマズローの5段階欲求です。

出典:次世代起業家育成セミナー

 

人間はまず、生存に必要なものを手に入れようとします。

 

食べ物だったり、安心して暮らせる家だったり、子孫を残すためのパートナーだったり。

 

しかし、それらが満たされると、自分の心を満たすために人からの愛や承認を求めるようになる。

 

その結果、スペックやステータスを高めて、他人から認められる存在になろうとします。

 

生活が豊かになりバブルが訪れたことで、人々はステータスを求め、より楽しく派手な生活を求めるようになりましたよね^^;

 

すると、自分のステータスばかりを気にして周りと比べて生きるようになってしまいます。

 

現在はSNSが普及して、周りの人間がどんな人生を送っているのかが、手にとってわかるようになりましたよね。

 

そのため、自分と他人を比べる機会が以前よりも格段に多くなり、生きづらさを感じるようになってしまいました。

研究チームが分析した結果、1989年の大学生に比べて2016年の大学生は、自己指向型が10%、他者指向型が16%それぞれ増加し、社会規定型にいたっては33%も増えていることが明らかになった。

つまり今の若者は、周囲からの要求水準の高い“視線”をより強く意識していて、完璧であろうと尽力している者が多いということになる。

引用:若者の間に完璧主義者が像開始ている意外な理由とは?

②日本の将来に希望を持てなくなった

経済が順調に成長している頃の人たちは、「働けば働くほど自分の暮らしが豊かになる」という希望を持っていました。

 

しかし、経済の成長が止まってしまった今は日本では、「働けど働けど我が暮らし楽にならざりけり」状態です。

 

さらに、超高齢者社会がすぐそこまで訪れ、企業も社員を抱えられず、社会保障もどんどん壊れていきます。

 

そんな世の中では、自分の将来に不安ばかりで、生きる希望や意欲を見出せないのは当たり前ですよね^^;

出典:平成29年 消費者白書より

 

そんな世の中だからこそ、日本に生きづらさを感じてしまう人が増えているんですね^^;

 

③日本に合わない価値観の浸透

そもそも、なぜ日本の経済成長が止まってしまったのかと言えば、需要が満たされたからです。

 

国民の生活が豊かになり、生活に必要なものが全て揃ったことで、物が余る時代になりましたよね^^;

 

物が余り出すと価格競争が起こり、企業は競争に勝つためにコストカットを図るようになります。

 

コストカットが図られたことで、人件費が抑えら非正規社員が増えたり、リストラが増えたほか

能力重視の競争社会に突入して、周りに比べて一歩でも会社が求める人材になろうとしなければなりません。

 

そして、会社から求める能力とは以下になります。

企業から求められる能力
  1. 位:コミュニケーション能力
  2. 位:主体性
  3. 位:チャレンジ精神
  4. 位:協調性
  5. 位:誠実性
引用:「2018年度 新卒採用に関するアンケート調査

 

なぜ、このような能力が求められるようになったのか?

 

それは、経済大国アメリカを手本にした経営が取り入れられるようになったからです。

1991年末にソ連崩壊やバブル崩壊などにより、「グローバリゼーション」という名でアメリカ型経営方式が礼賛されるようになった。

更に、この時期は、日本国内では「ギブ・ミー・チョコレート」で育った世代が企業のトップに就き、アメリカでは1980年代からの整理解雇ブームが続いていた。

従って、「失われた20年」が始まったことによって、日本企業は軒並みアメリカナイゼーションを実行し、それまでの日本型経済を投げ棄てた。

引用:Wikipedia

 

しかし、アメリカは多国籍国家の個人主義社会で日本とは全く違った異なった価値観を持っています。

 

出典:ドイツに学ぶ中長期視点の経営

 

日本はそれまで単一民族国家で集団主義の価値観で生きてきました。

 

自己主張よりも周りに合わせることを優先し、積極性よりも謙虚な姿勢を評価します。

 

そんな日本人に合わない価値観が浸透したことで、社会に適応できず生きづらさを感じてしまうのではないでしょうか?

 

また、周りに合わせることを重視する日本人だからこそ、

アメリカ式の価値観に適応できない人は、周りと同じようにできない自分にコンプレックスを感じ

さらに適応した人からの同調圧力を受けて、苦しんでしまうんですね^^;

 

中でも内向型という気質を持った人は、ステータスを求めたり、競争がある社会の中では

自分らしく生きれずに、生きづらさを感じてしまいます。

 

次項ではそのことをさらに詳しく解説していきますね。

 

日本を生きづらく感じてしまう人の特徴

内向型という気質を持っている人は、競争社会の中にいると過度な刺激を受けストレスを抱えてしまいます

 

そのため、本来のパフォーマンスを発揮できず、生きづらさを感じてしまう。

 

なぜなら、内向型は刺激に敏感な体質を持っているからです。

 

内向型とは心理学者のカール・ユングが唱えたパーソナリティーの1つです。

 

ユングによると、人間は内向型か外向型のどちらか寄りの気質を持って生まれてくるとされている。

引用:内向型人間とは?脳の仕組みから、特徴や強みの活かせる仕事までを徹底解説!!

 

そして、内向型は刺激の感受性に影響を与えるDRD4遺伝子が短いため刺激に敏感な体質を持っています。

 

対する外向型はDRD4遺伝子が長く刺激に鈍感な体質を持っている。

 

そのため、無意識に強い刺激を避けようとします

 

強い刺激とは、大勢の人と話したり笑ったり、激しいスポーツやアトラクションなどによって受ける外発的刺激のこと。

 

逆に弱い刺激によってエネルギーを得るため、一人静かな場所を好みます

 

弱い刺激とは、思考やヒラメキ、好奇心や探究心などによって発生する内発的刺激のこと。

 

そのため、コミュニケーションが得意ではなく、積極性や協調性がないと捉えられることが多い。

 

また、内発的刺激によってモチベーションを得るため、外発的報酬であるステータスにあまり興味を持てません。

 

しかし、SNSを開けば外発的刺激を楽しむリア充な投稿が多く、仕事に出れば外向的な性格を求められる。

 

内向型がそういった環境に身を置くと、「自分は周りの人間のようにはできない」と思い込み

自分の性格にコンプレックスを感じるようになってしまいます。

 

人間は、コンプレックスを抱くと他人からの評価を得て自信を付けようとします

 

その結果、承認欲求が強くなり、欲求を満たせないことで生きづらさが強まる。

 

このように、内向型にとってはステータスを求めたり、競争が激しい社会は刺激が強すぎて

自分らしく生きることが難しくなってしまう。

内向郡が競走において成績が低下する傾向があること、外向郡と内向郡で競走に対する態度に大きな差があることが理解された。

外向郡は競走に自己成長の可能性や相手との交流などの付加価値を見出す傾向が見られた。

このような付加価値に着目することで外向郡は競走状況を適度な刺激量で対応しているようだ。

それに対して内向郡は競走刺激に集中するため、競走状況が過度な刺激となった可能性が高い。

引用:外向性・内向性の性格特性が競走状況に与える影響について

 

以下の記事では、内向型の気質があるのか自己診断を行えます。

 

自分も内向型かもしれないと感じた人は、ぜひ1度テストを受けてみてくださいね^ ^

 

あなたの悩みは強みに変えられる。20問の問いでわかる内向型診断テスト

2019年9月23日

 

このように、内向型は現代の社会では生きづらさを感じやすい体質を持っています。

 

では、僕たち内向型人間はどのように生きづらさを克服していけばいいのでしょうか?

 

生きづらさを克服ための2ステップ

内向型が生きづらさを克服するためには、社会の価値観に囚われず、自分なりの価値観を大切にして生きていくことです。

 

人間は価値観によって意思決定がされ、その結果、自分の身につける能力や行動、環境が変わってきます。

出典:次世代起業家育成セミナー

 

つまり、今の環境に生きづらさを感じている原因は、自分に向いていない価値観を身につけてしまった結果なんですね^^;

 

なぜ自分に向いていない価値観が身についてしまったのか?

 

それは、今まで受けてきた教育や、メディアから受け取った情報、自分の周りにいる人間が、社会の価値観に染まっているからです。

 

しかし、社会の価値観に合わせることに生きづらさを感じるのならば、やはりその価値観はあなたに合っていないということ。

 

だからこそ、自分に合った価値観に塗り替えて、自分に適した環境を自ら作り出す。

 

これが生きづらさを克服する唯一の方法です。

 

ではどうすれば、自分に合った価値観を見出し、塗り替えることができるのか?

 

そのためには以下の2ステップがオススメです。

生きづらさを克服する2ステップ
  1. 内向型についてもっと詳しくなり、自分が得意な生き方、苦手な生き方を知る
  2. 自分はどんな人生を送りたいのかを明確にして、競争社会から抜け出す

 

これら2つのステップを行うためには、以下の2つの記事が参考になるハズです。

 

ぜひ1度読んでみてくださいね。

 

本当の自分を見つけて、生きづらさから開放されよう。コアパーソナルプロジェクトを見つけるための20の質問

2019年12月14日

内向型人間とは?脳の仕組みから、特徴や強みの活かせる仕事までを徹底解説!!

2019年10月5日

 

 

▼あなたが内向型ならぜひクリック!!▼


人気ブログランキング


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

「人間関係に疲れた」

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です