時代遅れの教育が真面目すぎる人を生きづらくする。仕事で活かせる2つの長所と改善策

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

真面目すぎる性格で生きづらい

 

会社員時代の僕は、よく先輩から「もっと頭柔らかくなんねぇーの?」って言われ続けいたため

真面目すぎる性格を改善して、もっと柔軟に生きていきたいと強く思っていました。

 

しかし、真面目すぎることは別に悪いことではありません。

 

むしろこれからの時代には有利に働くとすら思っています。

 

そこで今回は、真面目すぎる人が生きづらさを感じる原因とこれからの時代に有利な長所をご紹介します^ ^

 

なぜ真面目すぎる性格は生きづらいのか?原因は時代遅れの教育にある

本来、まじめなことは良いことのはずですが、最近では真面目すぎる性格は煙たがられ

柔軟に生きる人に評価が集まるようになっていきましたよね^^;

 

なぜこのように評価対象が変わってきてしまったんでしょうか?

 

それは、現在が答えのない時代になったからです。

 

真面目すぎる性格が生きづらさを感じる原因

ひと昔前まで、真面目な性格で会社に忠誠心を捧げる人は評価が高かったはず。

 

しかし現在は、「真面目さ」よりも「柔軟性」を求められるように変わってきています。

出典:doda

上のグラフを見ると、企業が求める人物像の第2位に柔軟性がありますよね^^;

 

なぜこれほどまでに柔軟性が求められる時代になったのか?

 

それは、現在が「答えのない時代」だからです。

 

戦後からバブル期を迎えるまでの日本は、商品を出せば売れる時代でした。

 

なぜなら、需要が満たされていなかったからです。

 

この時代は、「冷蔵庫」「洗濯機」「テレビ」を代表とする生活必需品が爆発的に売れ

人々が求めるものは同じでした。

 

そのため、この時代のことを「答えがある時代」と呼ばれます。

しかし暮らしが豊かになり需要が満たされると

1人1人違ったものを求めるようになり、ニーズが細分化していきます。

 

商品を売るためには、1人1人に寄り添った商品の開発が必要になります。

 

これが現在の「答えのない時代」です。

 

「答えのある時代」では、正解通りに言われたことを実行できる人が求められていたため

真面目な人で会社に忠誠心を捧げられる人は評価されました。

 

しかし「答えのない時代」には、何が正しいかわからないため

言われたことを実行するよりも、1人1人が状況に応じて考えることが必要になります。

 

だからこそ、真面目すぎて柔軟性に欠けてしまうと、適応できないことばかりで生きづらさを感じます。

 

真面目すぎる性格になってしまった原因

答えのある時代」においては、言われたことを忠実に実行できる人が求めらました。

 

そのため、教育現場でも予め正解がある問題に対して、答えを正しく導き出せる人間を育てることを目的にしていました。

 

しかし「答えのない時代」に突入すると、今までの教育方針では社会に出てから対応できなくなり

教育現場では正解のない問題に対して、自由に発想できる人間を育てることを目的にするようになります。

出典 https://newspicks.com/

 

しかし、肝心の教育現場がこの変化に対応できず、今だに正しい正解を導き出すことを目的にしていることが多い。

【日本の教育改革は35年前から進んでいない】

20世紀型の「正解に、より早く正確にたどり着く力」を身につける教育ではなく、21世紀は「答えが見つかっていない課題に対して、深く考え適切なアイデアを創出し、それに基づいて行動する力」を身につけなければならない。

そのための教育は20世紀の教育と大きく異なっているはずだ。なのに、その改革が進まない。そのような危機感は、国も40年近く前から抱き続けており、実際に教育改革についてはこれまでに幾度となく議論されてきた。

引用:35年前から進化しない日本の教育は、世界の変化に追いつけるのか

 

このように、変化に対応できていない時代遅れの教育が、真面目すぎる性格を作り上げてしまいます。

 

真面目すぎる性格になりやすい人の特徴

しかし、時代の変化に対応して、社会を柔軟に生きている人がいるのも事実。

 

では、この違いはどこから生まれているのか?

 

その答えは、生まれ持った気質で説明することができます。

 

実は、真面目すぎる性格になりやすい人は、内向型という気質を持っている可能性が高い。

 

内向型とは、心理学者のカール・ユングが唱えたパーソナリティーの1つです。

 

ユングによると、人間は「内向型」か「外向型」のどちらか寄りの気質を持って生まれてくるとされる。

 

そして内向型は、「合理システム」と呼ばれる情報処理を行っています。

 

合理システムは以下の2つの特徴があり、それにより真面目すぎる人によくある特徴が現れます。

合理システムの特徴
  1. 神経質になりやすい
  2. 理屈がわからないと行動できない

 

一つずつ説明していきますね^ ^

 

①神経質になりやすい

合理システムでは長期記憶を中継した情報処理を行い、長期記憶はネガティブな記憶ほど保存する。

 

なぜなら、人間には危険から身を守るという本能が備わっているからです。

 

そのため、恐怖や不安を学習しやすく、神経質になりやすい特徴があります。

 

この特徴によって、幼い頃にふざけて親や先生から怒られた記憶や

周りの人間が同じような理由で怒られているのを脳が記憶し

真面目にやらないと自分に危険が及ぶと脳が指令を出すようになります。

 

②理屈がわからないと行動できない

さらに合理システムでは、前頭葉という思考や計画、学習や意味付けを行う領域を中継する。

 

そのため、理論やデータ、分析や法則などの裏付けによって物事を理解・納得します。

 

裏付けによって物事を理解・納得するため、理屈がわからないと行動できず

また理屈を理解するため、能動的な思考が必要で情報処理に時間がかかる。

 

よって、臨機応変な対応を苦手とします。

 

このように、内向型は合理システムと呼ばれる情報処理によって

真面目すぎると呼ばれやすい特徴が現れやすくなっているんですね^^;

 

では、内向型はどのようにして、「正解のない時代」に適応していけばいいのでしょうか?

 

真面目すぎる性格の長所を活かして改善する方法

実は、真面目すぎる特徴がでやすい内向型は以下の2つの長所を持っています。

内向型の長所
  1. 1人で取り組む物事に対して、高い集中力と忍耐力を継続できる
  2. 知性が高く深い思考が得意なため、複雑な問題に対して粘り強く取り組むことができる

ある研究では、大学生141人を対象に、美術・天文学区・統計学など20種類のさまざまな科目に関するテストをしたところ、ほぼ全科目について内向型の学生の方が知識で勝っていた。

修士号や博士号を取得する人数も、全米育英会奨学金を受ける人数も、成績優秀者が入会できる〈ファイ・ベータ・カッパ・クラブ〉の会員数も、内向型のほうが多い。

企業が採用や昇進の際に使用する、批判的・論理的思考思考を評価する〈ワトソン・グレイザー批判思考力テスト〉でも、外向型より高得点を取る。

内向型と外向型の対照的な問題解決スタイルは、さまざまな形で観察されている。

ある実験では、心理学者が50人の被験者に難しいジグソーパズルを与えたところ、外向型は内向型よりも途中であきらめる確率が高かった。

また、リチャード・ハワード教授が内向型と外向型の人たちに複雑な迷路の問題をやらせたところ、内向型の方が正解率が高く、実際に解答用紙に書き始める前に時間をかけて考えることがわかった。

引用:スーザン・ケイン 内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える

 

そしてこれらの長所は今後の時代に優位に働いてきます。

 

なぜなら、今後はスペシャリストが求められる時代だからです。

 

インターネットが普及した現在では、幅広い知識ち柔軟に対応できるゼネラリストより

インターネットでは簡単に入手できない知識やスキルを持ったスペシャリストの価値が上がります。

 

そして、スペシャリストと呼ばれる人たちは、集中的実践によってずば抜けた能力を身につけている。

 

集中的実践とは、1つの分野に集中して個人練習や個人学習を重ねるトレーニングです。

 

上であげた内向型の2つの強みは、この集中的実践に不可欠な要素なんですね^ ^

 

さらに、今後は単なる労働ではなく、知的生産労働が求められるようになっていきます。

 

そこで活きてくるのが、高い知性と深い思考です。

 

そのため、真面目すぎる性格を悲観せず、これからの時代に長所を活かすために

大切に磨いていってくださいね^ ^

 

以下の記事では、これらの強みを活かした仕事を紹介しています。

 

興味がある方はぜひ1度読んでみてくださいね^ ^

 

内向的な人に向いてる仕事10選!!脳の特徴から導いた強みを生かせる仕事

2020年1月19日

 

 

▼あなたが内向型ならぜひクリック!!▼


人気ブログランキング


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

「人間関係に疲れた」

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です