完璧主義になる脳の原因と正しい使い道を知って辛い心理状態を18分で克服する方法

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

 

自分が納得できるまで気が済まない

 

僕は昔から細かいところまで拘ってしまい、1つのタスクを終わらせるのにすごく時間がかかるタイプでした。

 

なぜなら、神経質な性格で自分が完璧だと思えないと落ち着かなかったからです。

 

しかし、周りからは「優先順位がない」とか「マイペース」と言われ

自分でもこの性格が嫌いだったんですよね^^;

 

でも最近になって、完璧主義の正しい使い道が分かり

ようやく自分の性格を認めることができるようになりました。

 

そこで今回は、完璧主義になってしまう原因と、完璧主義の正しい使い道についてご紹介します。

 

完璧主義の原因を引き起こす脳のメカニズムとは?

完璧主義になってしまう原因は、あなたが内向型という気質を持っているからです。

内向型は、物事を捉える視野が狭く、自己の理想や責任感に没入します。

生真面目で完璧主義、実直に仕事をこなしますが、許容範囲を超えると途端に対処の仕方がわからなくなる傾向があります。

引用:東洋経済

 

内向型とは、心理学者のカール・ユングが唱えたパーソナリティーの1つで

ユングによれば、人間は「内向型」か「外向型」のどちらか寄りの気質を持って生まれてくるとされています。

内向型が完璧主義になってしまう原因は、長期記憶を中継する情報処理を行なっているからです。


内向型人間は、外向型人間より頻繁に長期記憶を利用する
引用:内向型を強みにする

 

長期記憶では、意味記憶・エピソード記憶・手続き記憶・プライミングと呼ばれる記憶が保存され

意味記憶では、言葉の意味や物事の関係性、社会のルールや常識が記憶されています。

出典:エピソード記憶?意味記憶?記憶の種類を学んでみる

意味記憶は知識に相当し、言語とその意味(概念)、知覚対象の意味や対象間の関係、社会的約束など、世の中に関する組織化された記憶である。

引用:記憶の分類

 

だからこそ、内向型は決まり事や常識的なことに神経質になり、その通りに行動しようとします。

 

逆に、決まりや常識を守れない人のことを許せなくなってしまうこともあります。

(その結果、マニュアル人間になりがちで柔軟な対応を苦手としてしまいますが^^;)

 

そして、日本は昔から社会でも教育現場でも減点方式で評価を行なっています。

 

この評価方式が内向型を完璧主義にしてしまっているんですね。

 

なぜなら、なぜなら内向型は罰に対する感受性が高いため

100点=良いこと/100点以下=悪いところがある」という条件付けを意味記憶にしてしまうからです。

出典:東京大学総合文化研究科認知行動科学

 

そのため、完璧にできていない自分に対して罪悪感を持ってしまいます。

 

さらに内向型は、刺激に敏感という体質を持っているため、強い刺激をストレスに感じて無意識に避けようとします。

内向的な人は、すぐに過度な覚醒に陥りやすいため、刺激の多い経験にさらされることを避け、覚醒水準を低下させるために他者との相互作用を避けようとする傾向がある。

引用:外向―内向性がソーシャル・サポート過程と精神的健康に及ぼす効果

 

だからこそ、「完璧にできていない▶︎自分に悪い部分がある▶︎指摘を受ける▶︎強い刺激を受ける」という条件付けがされ

不安に襲われて何事にも完璧を求めてしまうんですね。

 

また弱い刺激を好む内向型は、特殊好奇心が働きやすいため、1つのことにこだわる性質があります。

 

特殊好奇心とは、刺激を抑える時に働く好奇心

不明瞭なことを深く掘り下げて明らかにすることで

安心や納得を得て刺激を抑えようとして働きます。

  • 特殊的好奇心は,刺激の強度の弱い時の好奇心動因であり、不安動因は拡散的探索より高い傾向にある。
  • 不調和や不確かさを経験すれば、この不調和や不確かさを低減するために特殊的好奇心が働く
  • 特殊的好奇心が高い人は、理解不可能性からモヤモヤ感への影響が大きくモヤモヤ感の水準自体も高い傾向がある。 
  • 曖昧さへの否定的態度である「曖昧さの統制」「曖昧さの排除」「曖昧さへの不安」との関連は特殊的好奇心の方がより強い

引用:個人特性としての好奇心の領域とタイプについて

 

このようなメカニズムがあるからこそ、内向型は細かい部分まで気になって完璧にタスクを仕上げようとするんですね。

 

完璧主義が辛くなってしまう3つの心理とは?

そして、完璧主義の辛いところは「100点を目指すのが良いこと」という信念に基づいて

正しい行動をとっているつもりなのに、以下の3つが原因で自分を苦しめてしまうところにあります。

完璧主義が辛くなる3つの心理

  1. 周りから迷惑がられる
  2. 自分を認められない
  3. 何に対しても気が抜けず疲れる

 

1つずつ説明していきますね。

 

❶周りから迷惑がられる

先にも述べたように、僕たちは幼いころから減点方式で教育されているので

「100点を目指すのが良いこと」という価値観が植え付けられています。

 

完璧主義の人は、その価値観に従って正しい行動をとっているつもりなのに

周りからは「優先順位がない」とか「マイペース」と言われしまうことが多いかと思います。

 

なぜなら、日本が集団主義社会だからです。

 

そのため、個人主義の欧米のように、個性を尊重するよりも

集団の和を尊重し、周りに迷惑をかけない人が評価されるからです。

 

だから、細かいことにも拘って、周りのペースに合わせられないと迷惑がられてしまうんですよね^^;

 

❷自分を認められない

さらに、「100点を目指すのが良いこと」という価値観が植え付けられているからこそ

「100点を取れない自分」のことを認められなくなってしまいます。

 

なぜなら、人間には承認欲求というものが備わっていてるからです。

 

承認欲求とは、周りから認められたいという欲求のことで、別名自己肯定感欲求とも呼ばれます。

 

自己肯定感とは自分には価値があると思える感覚のこと。

 

つまり、「100点を目指すのが良いこと」という価値観が植え付けられていると

「100点を取れない自分には価値がない」という判断に陥ってしまい

自己肯定感が低くなって承認欲求が満たされません。

 

その結果、自分を認めることができずに辛くなってしまいます。

 

❸何に対しても気が抜けず疲れる

そして、人間は自己肯定感が低いと他人からの評価を受けて自己肯定感を高めようとします。

 

そのため、人よりも何でも完璧にこなして自分の評価を高めようとしますが

逆に何に対しても100%で取り組んでしまうため、自分を休めることができずに辛くなってしまいます。

 

また、1日は24時間で全てのことを完璧にこなそうとすると、時間がいくらあっても足りないため

結局全て中途半端になってしまい、その結果、焦り不安が残って完璧主義な自分に疲れてしまいます。

 

完璧主義を18分で克服する方法

このように、完璧主義になるといくら頑張っても周りからも自分からも認めてもらえず

出口の見えない辛い状況に陥ってしまいます。

 

実際僕自身、何でも完璧にこなそうと思っているのに

結局全て中途半端に終わってしまう自分に自信をなくし

何事にもやる気が出ない状態になってしまったことがあります。

 

しかし、物事を完璧にこなそうとすることは決して悪いことではなく

正しい使い道さえ身につければ、自分の長所に変わっていきます。

 

では、完璧主義の正しい使い道とは?

 

それは「自分の人生の目的達成に直結することだけに完璧主義を利用する」ということです。

 

僕たちは物心ついた時から、以下のように周りに合わせて生きることを教えられてきました。

出典:教師が考える児童生徒の協調性

 

そのため「周りと同じように働き、周りと同じように結婚し、周りと同じような人生を歩む」ことが

普通のことだと思い込まされているんですよね^^;

 

だからこそ、世間体を気にして常識的な生き方から自分が外れないよう、全てを100点にしようとしてしまいます。


出典:日本的価値観は正しいのか?

 

しかし、別に周りと同じように生きることが全てではありません。

 

むしろ、1人1人違って当たり前なんですから

各自が自分の価値基準で生きることの方がよっぽど自然なことなんですよね。

 

そのために必要なのは「自分はどういった人生を歩んでいきたいのか?」という自分軸になります。

 

そして、自分が目指す人生を歩むためには

「何が必要で何をしなければならないのか?」ということを明確になると

それ以外のことは自分の幸せには関係のないことだと割り切ることができるようになり

全て100点を目指すという価値観は捨てられます。

 

この方法は、人生の成功者と言われる人が例外なく取り入れている考え方

僕は以下の動画からこのことを学び、それ以降完璧主義がなくなりました。

 

その結果、起業して3ヶ月で月商121万円を達成したり

7ヶ月で上位3割の収入を得ることが可能になっていますので

完璧主義を自分の長所に変えて人生を好転させたいと思う方はぜひ1度見てみてくださいね^^

 

その他、僕が人生で役に立った動画はこちらの記事で紹介していますので

この動画が役にたった方は、ぜひチェックしてみてください。

 

内向的な性格を変えることなく100%理詰めで人生を成功させる方法

2020年3月20日

 

また、以下の記事では「自分軸」を作るための20の質問をご用意していますので

こちらも時間をとって試してみていただけたらと思います。

 

本当の自分を見つけて、生きづらさから開放されよう。コアパーソナルプロジェクトを見つけるための20の質問

2019年12月14日

 

Mu

今回はここまでとなります。

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

以下の記事では「内向型に最適な生き方」のロードマップとなる厳選10記事をご用意してあります。

はじめての方は、まずはコチラからご覧くださいね^^

 

もしよろしければ・・・

▼この記事の評価をお願いします!!▼

頂いた評価は人気ブログランキングで反映されます


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

「人間関係に疲れた」

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です