【体験談】人と関わらない生き方の実現方法と自分に起きた3つの変化

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

なるべく人と関わらずに生きていきたい」そんな悩みを耳にします。

 

なぜなら、僕自信ほとんど人と関わらずに生きているからです。

 

僕は2018年に「一人でできる仕事」を身につけて起業しました。

 

なぜ起業したのかと言えば、周りに合わせて生きるのに疲れたからです。

 

もともと臆病で内向的な性格だった僕は、自分の意見を伝えることが苦手で

いつも人の顔色を伺いながら生きていました。

 

そのため、自分が嫌なことでも断れず引き受けてしまったり

そのせいで余計なトラブルに巻き込まれてしまうこともありました。

 

そんな経験があり、「分の人生なんだから、周りに振り回されず自分が思うように生きたい」と思い始めたのがキッカケです^ ^

 

僕と同じように、周りに振り回されて人生損ばかりすると思っている人は意外と多いと感じています。

 

そこで今回は、僕がどうやって人と関わらない生き方を実現したのか?

 

そして、人と関わらないことで、自分にどんな変化が起きたのかをお伝えしていきますね^ ^

 

「人と関わらない生き方」に向いている人とは?

人と関わるのが苦手と感じてしまう人は、僕と同じように内向型という気質を持っている可能性が高いです。

 

内向型とは、心理学者のカール・ユングが唱えたパーソナリティーの1つです。

 

ユングによれば、人間は「内向型」か「外向型」のどちらか寄りの気質を生まれながらに持っているとされる。

 

そして内向型は、人といることでエネルギーを消耗してしまうため、人との関わりを無意識に抑えようします。

 

なぜなら、内向型は外向型に比べ、ドーパミン受容体と呼ばれるDRD4遺伝子が短いため、刺激が多いとストレスに感じてしまうからです。

内向的な人は、すぐに過度な覚醒に陥りやすいため、刺激の多い経験にさらされることを避け、覚醒水準を低下させるために他者との相互作用を避けようとする傾向がある。

引用:外向―内向性がソーシャル・サポート過程と精神的健康に及ぼす効果

 

その結果、人に囲まれた環境で生活していると、ストレスを感じてしまいます。

他者との相互作用をストレッサーとして知覚しやすい内向的な人にとっては、広いネットワークの中での他者からの過剰なサポートは、精神的不健康を高めてしまうということが示唆された。 

引用:外向―内向性がソーシャル・サポート過程と精神的健康に及ぼす効果

 

このように、人と関わることで疲れやストレスを感じやすい人は内向型に多いんですね。

 

人と関わらない生き方は幸せか?

しかし、一般的に「人間は人と関わることで人生が豊かになる」と言われています。

幸福感は努力せずに得られるものではなく、円滑な対人関係と密接に関わるものであり、日々の社会的活動によって獲得されうるものと言うことができる 

引用:幸福・性格・欲求の調査アンケートに基づく幸福感の関係解析 

 

実際、明るく活発で社交的な性格の外向型の方が、内向型よりも幸福度が高いというデータもある。

外向者は、内向者に比べ主観的幸福感が高く、神経症的傾向の高い個人は、 低い個人に比べ主観的幸福感が低いことが示されている。

引用:パーソナリティと主観的幸福感との関連 

 

そのため、社会の中では外向型人間が好まれ

学校教育においても集団行動を多く取り入れて、外向性を身につけさせようとしています。

理想の人格だとみなされている外向型の人物に対する魅力は、評定者の向性の特性を問わず圧倒的に強いことが分かっている。

引用:性格の類似性と自己需要および他者受容が印象形成に及ぼす影響

引用:「児童生徒の社会性を育むための生徒指導プログラムの開発」

 

そのため、僕たち内向型は自分の性格に自信を持てず、無理に外向的に振る舞おうとしまうんですよね^^;

内向性被験者は、外向性被験者に比べて、自己を否定的に評価している。

引用:性格の類似性が対人魅力に及ぼす効果

 

しかし、この行為が返って内向型のストレスを増やし、精神的ダメージを与えてしまいます。

実験の被験者は「一週間にわたって毎日外向的に振る舞うように」と指示されたところ、外向的であることには全体的に「ポジティブな感情が生まれた」「自分が外向的であると感じた」という報告があったとのこと。

一方で、この研究において「より内向的」とされた被験者は、ポジティブな感情があまり増加せず、ネガティブな感情や疲れが増すと共に、「本物の感情」が減少したといいます。研究者は自分の性格以外の性格を演じることのコストと、特定の性格を演じるよう命令されることのコストを強調しています。

引用:GigaZiNE

 

そのため内向型にとっての幸せは、外向的な性格を身につけて多くの人と関わることではなく

内向型の自分を受け入れ、本当に自分が大切だと思える人とだけ、狭く深い人間関係を築いていくことであることが明らかになっています。

内向的な人であっても,小さなサポート・ネットワークを持ち,特定の親密な他者からサポートを受容することで,他者との相互作用によって覚醒水準が増加することやサポートを受けることで精神的不健康が高まることを防ぐことができると考えられる。

引用:外向―内向性がソーシャル・サポート過程と精神的健康に及ぼす効果

 

人と関わらない生き方の実現方法

僕は現在「人と関わらない仕事」で生計を立て、普段は家族とのみ時間を過ごしています

 

その結果、自分を無理に装うこともなく、等身大の自分でいられるので

組織の中で働いている時に比べ、精神的なストレスを感じることもなく

幸せを感じられています。

 

また、組織の中で働いている時は、周りから自分がどう思われているのか常に不安

人の顔色を伺ったり、意見を合わせてばかりだったので、仕事のパフォーマンスも悪かったんですよね。

 

実際内向型は、競争状況の中ではパフォーマンスが低下してしまうことがわかっています。

内向郡が競走において成績が低下する傾向があること

外向郡と内向郡で競走に対する態度に大きな差があることが理解された。

外向郡は競走に自己成長の可能性や相手との交流などの付加価値を見出す傾向が見られた。

それに対して内向郡は競走刺激に集中するため、競争状況が過度な刺激となった可能性が高い。

引用:外向性・ 内向性の性格特性が競争状況に与える影響について

 

しかし、人と関わらない仕事で起業してからは周りを気にせず

自分のペースで仕事ができるのでパフォーマンスが格段に上がりました。

 

実際、起業してわずか3ヶ月で会社員時代の収入を超えることができています。

 

そんな僕が取り組んでいる「人と関わらない仕事」とは、オンラインビジネスです。

 

オンラインビジネスは、インターネット上で全ての取引が完結できるため

全く人と関わることなく仕事を行ができます。

 

また、オンラインビジネスの良いところは、人材の能力や人間性に頼った組織力ではなく

ITシステムなどの仕組みの力で仕事を回すことができるので部分にあります。

 

そのため、無理に外向的な人間を演じる必要がないうえ

同じ仕組みを作れば誰でも同じ結果を得ることができるんです^ ^

 

中でも僕が最初に取り組んだオンラインビジネスが「Amazonを利用したネットショップ」です。

 

なぜなら、Amazonは日本1の集客力を持つオンラインモールなので、自分で0から集客する必要がなく

以下のようなサービスがあるため、全く人と関わることなく

初心者でも安心してネットショップを運営することが可能だからです。

Amazonの便利な仕組み

  •  Amazonの倉庫に商品の保管が可能で、在庫の管理から包装・発送まで代行してくれる
  • お客様からのクレームや返品・返金処理は、Amazonが対応してくれる
  • 売上金から倉庫利用料や返金や発送で生じた経費を計算して、自動で入金してくれる  

 

このサービスを利用すれば、自分は商品の仕入れのみを行えばいいわけです。

また、仕入れに関してもインターネット上で済ませることができ

1つの商品を仕入れにかかる時間はわずか3秒程度で済みます。

 

そのため、1日の労働時間は3時間程度。それでも会社員の時以上の収入を得ることができました。

 

そして、空いた時間で行っているのがブログです。

 

ブログもパソコンに向い1人で記事を書くのが仕事なので、全く人と関わらずにできます。

 

僕はブログを始めて7ヶ月目で月収10万円9ヶ月目で約20万円の収入を得れています。

 

さらに、ブログを書く時に頭の中にあることをアウトプットすることをジャーナリングと呼び

ジャーナリング を行うと、自分の思考を省察する(客観的に分析できる)ことができるようになるため

人間関係で悩むこともなくなりました

省察を含む私的自己意識は、共感的関心との正の相関が示されており、私的自己意識の高い人は自己の内面に意識を向けやすく、自らの感情状態を他者の感情に巻き込まれることなく正確に把握することができると考えられている。

引用:友人への気遣いとマインドフルネス、 反芻・省察及び友人満足度との関連

 

その他にも、下調べをしてから記事を書くので、知識が増えていき、知識が増えることで好奇心が高まります

そして好奇心が高まると、幸福度が増すことが研究によって判明しています。

好奇心と心理的well-being(幸福な状態)や主観的幸福感との間に、正の関連が報告されている。

引用:好奇心の個人差と精神的健康および心理的well-beingとの関連

 

もしあなたも「人と関わらない仕事」で生きていきたいと考えているなら

僕が取り組んできた「ネットショップ」や「ブログ」のやり方を

誰でも再現できるようにまとめた3冊のマニュアルを無料でプレゼントしていますので、ぜひご活用下さい。

 

プレゼントの詳しい内容受け取り方法は、以下の記事にまとめていますので

1度ご覧いただければと思います。

 

「人と関わらない仕事のはじめ方」完全マニュアル3点セットプレゼント!!

2020年3月29日

 

 

今回はここまでとなります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

もしよろしければ・・・

▼この記事の評価をお願いします!!▼

頂いた評価は人気ブログランキングで反映されます


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

「人間関係に疲れた」

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です