内向型は2020年以降に起業した方がいい3つの理由

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

こんにちは^ ^内向型起業家のMuです。

 

僕は2018年に起業しました。

 

なぜなら、組織で働くことが苦手だったからです。

 

なぜ組織で働くことが苦手だったのか?

 

それは、内気で人見知りな性格だったので、コミュニケーションを取るのが下手だったからです。

 

しかし、起業してからはずっと、家に引きこもって1人きりで仕事をしています。

 

僕は生まれつき内向型人間だったので、もともと1人で作業する方が質の高い仕事ができる特徴があり

 

起業後3ヶ月で会社員時代の収入を超えることができました。

 

今後は、このような働き方をする人がどんどん増加していくと予想されています。

 

その結果、小規模で起業をする人の価値が高まっていくと言われています。

 

僕のように内向型の気質を持つ人は、これからの時代に起業家として活躍するために必要な才能を備えているため

 

副業からでも自分のビジネスを持つことで、今後の人生が大きく好転させることが可能になります。

 

そこで今回は、内向型が持つこれからの時代の起業に必要な才能と、その活かし方について解説していきます。

 

記事を書いてる人▶︎Mu(むー) 記事を書いてる人▶︎Mu(むー)
▶︎内向的な性格で[人と関わることが苦手]
▶︎仕事も恋愛も友達も上手くできず
▶︎不器用な自分を[ダメ人間]と思う
▶︎人と比べて自己否定する人生から抜け出したくて[人と関わらない仕事]で起業
▶︎起業で学んだ心理学や[人と関わらず自立して生きる方法]を発信中!!

☞劣等感まみれだったMuを知る

2020年以降起業家が増える3つの理由

テクノロジーの進化はめざましく、どんどん新しい技術が生まれていますよね。

 

それに伴い、社会の価値観も変わり、求められる人材や働き方も変容していきます。

 

特に変化が現れるのは以下の3つだと言われてる。

 

①ゼネラリストからスペシャリストの時代へ

今まで会社から求められていた人材は、幅広い知識を持ち、集団をまとめられる人でした。

 

このようなゼネラリストと呼ばれる人たちが、会社では管理職に就くことが一般的でした。

 

人生の大半を1つの会社や業界で働き続け、会社人間になって会社や業界の幅広い知識を身につける。

 

その代わりに会社は終身雇用で一生面倒を見るという契約があった。

 

しかし現代の社会では、終身雇用制度も維持できなくなり、管理職に就いていた人たちがリストラされることが多くなっている。

 

その理由は、専門性を重視される時代に変わったからです。

 

インターネットが普及するにつれ、誰でも簡単に情報にアクセスすることができるようになりましたよね。

 

その結果、誰もが幅広い知識や専門性のいらないことを再現できるようになりました。

 

さらに、クラウドサービスを使えば、アイディアや意見を共有でき、集団をまとめることができるほか

高度なプログラムを利用して、データ分析なども容易にできるようになりました。

 

すると、高い専門性を持たないゼネラリストの役割は、テクノロジーに取ってかわられ

逆に求められるようになったのは、テクノロジーではカバーできない専門性が高い知識やスキルです。

 

また、終身雇用が維持できなくなったということは、会社は社員を抱えられなくなっているということ。

 

社員が抱えられないので、社外の人間の力を借りる機会が多くなってくるということです。

 

こうした事情により、会社に属さずフリーランスとしてプロジェクト単位で働く個人が増えるようになります。

 

②会社に属さなくても個人でビジネスが行える環境が整う

インターネットが発達したおかげで、Googleやamazonにebay。

 

国内で言えば、メルカリやなヤフオクなどオンラインプラットフォームができました。

 

これらのプラットフォームができたおかげで、個人が気軽にビジネスを行える環境が整いましたよね。

 

Webサイトを作って、Googleに載せておけば、自動的に自分のサービスを広めることができます。

 

amazonやebay、メルカリやヤフオクに商品を出品すれば、簡単に顧客を見つけることができます。

 

このような環境が整ったおかげで、個人が起業してビジネスを行うことが、容易になりました。

 

ひと昔前なら、ビジネスを行うためには1から流通網を作ったり

必死に営業に回って顧客の開拓をしなければなりませんでした。

 

そのため、すでに流通網や顧客がいて、仕組みが出来上がっている組織に入りビジネスを行わなければなりませんでした。

 

それが今の時代は、オンラインプラットフォームを利用すれば

ほとんど全ての作業が、自宅にいながらPC1台で完結させることができます。

 

しかも、たった1人でです。

 

このように、インターネットが発達したおかげで、ビジネスの仕組みが超効率化され

 

低コスト低リスクで個人が簡単に起業することができるようになりました。

 

こうなってくると、何も窮屈な人間関係に縛られ、やりたくもない仕事でお金を稼ごうと思う人は減ってきます。

 

もっと自由な人間関係の中で、自分の好きなことを仕事にしてお金を稼いで行きたいと思いますよね。

 

その結果、起業して自営業やフリーランスとして仕事をする人が益々増えていきます。

 

③ライフワークバランスがさらに重視されるようになる

女性が社会の中でも重要なポジションを担うようになったことで、家庭内での男性の役割にも変化が起きています。

 

イクメンや主夫が流行り、男性の育児休暇などが認められるようになってきました。

 

また、これから社会で重要なポジションを担っていくY世代(1980~95年生まれ)の人たちは

 

自分の親世代が仕事に人生を注ぐことを当たり前としてきたため

子供のころに、父親と十分なコミュニケーションを取れずに育ってきました。

 

その反動で、Y世代は家庭を大切にして、育児にも積極的に参加して、親としての役割を果たすことを重視しています。

 

さらにSNSが普及したことで、今まで縦の関係だった人間関係が水平の関係に変わりつつあります。

 

そして、様々な人の考えを共有するようになり、価値観やライフスタイルが多様化してきましたよね。

 

これらの要因によって、働き方にも柔軟性を求める人が多くなってきました。

 

日本でも2019年より働き方改革が実施され、柔軟で多様な働き方が推進されています。

 

そのため、1つの会社で勤め上げ、決まった時間で働くという今までの基準が崩壊し

自分の価値観にあった仕事や、求めるライフスタイルに適した働き方を、自発的に選択し

主体的に自分の職業生活を形づっていくことが当たり前になります。

 

その結果、起業という道を選ぶ人が増えていきます。

 

以上のように、今後の社会では起業のハードルが下がり、起業という選択肢は一般的になってきます。

 

内向型が持つ、これからの時代の起業に適した能力

今まで述べてきたように、これからは起業する人が増えてきます。

 

そして内向型は、これら3つの流れに適した能力を備えています。

内向型が備えている強みと特徴

  1. 集中力がある
  2. 辛抱強さがある
  3. 1つのことを深く思考する
  4. 1人を好む
  5. 自分の内側に意識が向いている 

 

なぜこれらの強みや特徴が、これからの時代に適しているのか?

 

まず、これからの時代はゼネラリストではなくスペシャリストが求められる時代です。

 

そして、スペシャリストになるためには、1つのことに集中して取り組んでいかなければいけません。

 

スペシャリストと呼ばれる偉大な業績を上げている人は、例外なく個人での学習や練習を重視して物事を身につけています。

 

つまり、内向型は①~④の要素を働かせてスペシャリストになるための才能が備わっているということです。

 

さらに内向型は、強い刺激をストレスとして感じるため、騒がしい場所や人の多い場所が苦手です。

 

そういった場所では集中できず、静かな場所や1人の空間を好み、本来の能力を発揮できます。

 

そのため、テクノロジーが発展して、会社に属さなくても個人で起業することが容易になった世界では

 

内向型の能力を発揮して活躍できる時代になったと言えます。

 

また、ライフワークバランスが重視される時代では、主体的に自分の職業生活を形づっていくことが当たり前になります。

 

そこで重要なのが、「自分は何を大切にして、どういう人生を送りたいのか」という自己分析です。

 

自己分析を行うためには、自分の内側に意識を向け内省することが欠かせませんよね。

 

だからこそ、自分の内側に意識が向きやすい内向型は、的確にキャリアプランを計画することができる。

 

的確にキャリアプランを計画できるからこそ、出てきた答えが起業なら自信を持って進むべきです。

このように、これからの時代に起業するのに適した才能を備えています。

 

そして、これからの時代の起業家は、社外の人間として企業から求められたり

プラットフォーム上でサービスや商品を提供する人材として、社会全体から求められるようになります。

 

その結果、起業家の価値は益々高まっていくことになっていく。

 

しかし、懸念しなければいけないことが1点あります。

 

それは、起業家が増えることで大勢の起業家の中で、自分を差別化し際立たせなければいけないということです。

 

では、どうやって差別化をしていけばいいのでしょうか?

 

これからの時代の起業に成功するために必要なスキル

今まで述べてきたように、これからの時代は会社に属さず起業して1人で仕事をする人が増えていきます。

 

そのため、大勢の起業家たちの中に埋もれず、自分だけのポジションを確立していくことが

起業で成功するためには必須条件になっていく。

 

では、差別化するためにはいったい何をしたらいいのか?

 

そこで必要なのが「セルフ・マーケティング」です。

 

セルフマーケティングとは、企業が行っているマーケティングの手法を個人に当てはめたものです。

 

そして、マーケティングの定義とは、以下のものです。

マーケティングの定義

  1. コンセプトの決定
  2. ターゲットの決定
  3. 4P分析(Product・Place・Promotion・Price)

❇︎4Pのうち、どれか一つを変えれば別商品

引用:次世代起業家育成セミナー 

 

では、どうやってこれら3つを実施していけばいいのか?

 

そのためには、自己分析を行い以下の4つを明確化します。

セルフマーケティングに必要な自己分析

  1. 価値観・信念(大切にしている・正しいと思うこと)
  2. 情熱(好きなこと)
  3. 才能(得意なこと)
  4. 需要(世の中に求められていること)

 

これら4つを明確にすることで、どんな専門性を高めていけばいいのかがわかります。

 

また、自分の価値観に共感した人たちを集めることができ、同じ能力を持った人たちと差別化をすることができます。

 

僕の場合は、過去の辛かった経験から以下のような価値観・信念を持ち、情熱と才能と需要に結びつけました。

Muの自己分析

【過去の経験】
内気な性格で、人間関係が苦手だったため、仕事でパフォーマンスを発揮することができず、生きづらさを感じていた。

【価値観・信念】
内向型が人間関係に苦しまずに生きれるような時代になった。
だから内向型の才能を発揮して自由な生き方ができることを広めたい

【情熱】:探究心を満たすための読書や動画の閲覧

【才能】:タイピング・データ分析・動画や資料を作ること

【需要】:人間関係の悩み・自己開発

 

その結果、パーソナリティー理論や心理学、情報発信という専門性身につけようという結論に至りました。

 

そして、これら4つが明確化されると自然に、コンセプト・ターゲットが決まってきます。

 

また、コンセプトとターゲットが決まれば、ライバルと比較できるようになり、4P分析も行えるようになります。

 

セルフマーケティングという言葉を聞くと、少し難しく感じるかもしれませんが

 

やることは、自分の内側と向き合うことだけなので、いたってシンプルです。

 

そもそも内向型は、自分の内側に意識を向けることが脳の癖として染み付いているので

セルフマーケティングに向いているんですよね。

 

以下の記事では、自己分析を行い①~④を導き出すための20の質問を用意しています。

 

本当の自分を見つけて、生きづらさから開放されよう。コアパーソナルプロジェクトを見つけるための20の質問

2019年12月14日

 

ぜひ自分の持つ才能を活かして、これからくる時代の波に乗れるよう役立ててください。

 

2020年以降は、内向型が活躍できる時代です。

 

生きづらさを感じた今までの社会から抜け出し、新しい時代の波に乗って幸せな人生を歩んでいきましょう。

今回はここまでとなります!!
最後まで読んでいただき
ありがとうございました^^

この記事は、Muが劣等感まみれだった
人生を変えるために学んだ知識を
100%全力でお伝えしました!!

劣等感まみれだったMuを知る

以下の記事では
「内向型に最適な生き方」の
ロードマップとなる厳選10記事

ご用意してありますので

内向型についてもっと知りたい方は
ぜひご覧ください^^


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

 

<自分のペースで生きたい>

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です