自分を責める人が陥る3つの心理バイアスを克服する5ステップ

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

周りと比べて、できない自分
責めてしまうことはありませんか?

 

僕はつい最近までよくありました^^;

 

しかし自分を責めてしまうのは
心理バイアスにかかっていることが
原因だと知ってからは

自責することがなくなり
不安罪悪感を覚えることが
なくなりました。

 

そこで今回は
自分を責めてしまう人が陥る

3つの心理バイアス
克服する方法をシェアしていきます^^

 

記事を書いてる人▶︎Mu(むー) 記事を書いてる人▶︎Mu(むー)
▶︎内向的な性格で[人と関わることが苦手]
▶︎仕事も恋愛も友達も上手くできず
▶︎不器用な自分を[ダメ人間]と思う
▶︎人と比べて自己否定する人生から抜け出したくて[人と関わらない仕事]で起業
▶︎起業で学んだ心理学や[人と関わらず自立して生きる方法]を発信中!!

☞劣等感まみれだったMuを知る

自分を責める人が陥る3つの心理バイアスとは?

自分を責めてしまう人には
以下の3つの特徴があります。

<strong>自責する人の3つの特徴</strong>

  1. 自分の個性長所があるにも関わらず、他人と比べて自分の劣っているところばかりに意識が向く
  2. 他人から見たらちっぽけなことでも、自分にとっては重大なことのように感じてしまう
  3. 仕事のプロセスが悪くて失敗したことを注意されても、自分の人格を否定されているように感じてしまう

 

なぜこれらの特徴があるのか?

 

それは以下の3つ
心理バイアスに陥り

自分のことを客観的
捉えることができなく
なっているからです。

 

隣の芝は青く見える心理バイアス

 

人間には自分のことよりも
他人のものがよく見える
という心理バイアスがあります。

「隣の芝は青く見える」の意味を詳しく

このことわざには、他人のよいところは目に入りやすい一方で、自分に目を向けると嫌なところが目立つという人間の心理が込められています。

引用:「隣の芝生は青く見える」の意味と使い方

 

そのため他人の方が自分より
優れているように思えてしまい

自分が劣った人間であると
思い込んで自責します。

 

偽の合意効果心理バイアス

出典:【マンガでわかる】日常で役立つ心理学&心理術

 

人間には、他人も自分も
[同じ考え]や[同じ知識]を
持っていると思い込む傾向があります

 

偽の合意効果あるいは総意誤認効果は、人が自分の考え方を他の人に投影する傾向である。

つまり、人は他の人々も自分と同じように考えていると見なしたがる。

引用:Wikipedia

 

このバイアスにかかると
自分の主観的なフィルター
物事を解釈してしまい

他人からしたら
[ちっぽけな]出来事でも

自分が重大だと感じているのだから
周りもそう感じているはずだ
という思い込みや

例え小さなミスや失敗に対しても
自分のことを責めてしまうことが
あります。

 

または、仕事のプロセスに対して
注意されているにも関わらず

仕事で失敗した原因は
自分がしっかりしてないからだ
自分の人格自分で否定してしまい

きっと相手もそう感じて注意している
という思い込みを作り上げてしまう。

 

❸代表性心理バイアス

出典:OwnersBook

 

人間には代表的典型的な事象を
基準にして物事を判断する傾向が
あります。

 

このバイアスにかかると
周りがそうしてるからという
世間の常識に縛られてしまう。

 

代表性バイアスとは、一度「あるべき姿」を思い描いてしまうと、新たな情報がもたらされた後にも、その「あるべき姿」から逃れられなくなってしまう現象です。

引用:OwnersBook

 

世間の常識に縛られてしまうと

周りと同じように
ならなければいけない

という固定観念が出来上がり
周りと同じようにできない自分
責めるようになってしまいます。

 

その結果、周りと違う人生
送ることが怖くなって

自分らしい人生を送ることが
できなくなってしまう。

 

このように心理バイアスにかかると
事実自分の主観ギャップが開き

客観的に自分を捉えられなくなって
自分を無駄に責めてしまいます。

 

ではどうすればバイアスを抜け出し
自分を正しく捉えることが
できるようになるのか?

 

そのためにはまず
なぜバイアスにかかってしまうのか?
と言う原因を知る必要があります。

 

自分を責める3つの心理バイアスに陥る原因とは?

今まで述べたように
人間には特定の心理傾向があり

それがバイアスとなって
事実をねじ曲げてしまう
ことがあります。

 

しかし同じ人間なのに
バイアスに[かかる人]と
[かからない人]がいるのはなぜか?

 

それはバイアスのかかりやすさは
生まれ持った気質
大きく関係しているからです。

 

実はバイアスにかかりやすい人
内向型という気質である可能性が高い

 

内向型とは心理学者の
カール・ユングが唱えた
パーソナリティの1つです。

 

ユングによれば人間は
[内向型]と[外向型]の

どちらか寄りの気質を持って
生まれてくるとされている。

そして内向型と外向型を隔てる
大きな違い刺激に対する感度です

 

内向型は刺激の感度が高く
弱い刺激心地よく感じ
強い刺激ストレスに感じる

 

外向型は刺激の感度が低く
弱い刺激退屈に感じ
強い刺激快感に感じる

 

そしてこの刺激に対する
感度の違いによって

内向型には以下の3つの特徴があり
その結果バイアスにかかりやすい。

<strong>内向型の3つの特徴</strong>

  1. 自分の内側に意識が向く
  2. 常識に縛られやすい
  3. ネガティブに陥りやすい

 

1つずつ解説していきます。

 

❶自分の内側に意識が向く

弱い刺激を心地よく感じる内向型は
内部刺激によってモチベーション
得ます。

 

内部刺激とは
思考ヒラメキ好奇心探究心などの
自分の内側から生まれる刺激のこと。

 

そのため意識が
自分の内側に向きやすく

主観で物事を捉える
傾向があります。

出典:東京大学総合文化研究科認知行動科学

 

その結果、客観的
自分を捉えるのが苦手

そもそもバイアスにかかりやすい。

 

❷常識に縛られやすい

内向型が内部刺激によって
モチベーションを得るのは

アセチルコリンと呼ばれる
刺激の弱い神経伝達物質
脳内で多く発生しているからです

 

その結果、内向型の神経伝達経路は
以下のように長期記憶を中継します。

 

そして長期記憶には
意味記憶と呼ばれる

社会のルール常識
保存する領域がある。

出典:エピソード記憶?意味記憶?記憶の種類を学んでみる

意味記憶は知識に相当し、言語とその意味(概念)、知覚対象の意味や対象間の関係、社会的約束など、世の中に関する組織化された記憶である。

引用:記憶の分類

 

そのため内向型は世間の常識
価値観神経質になりやすく

代表性心理バイアスに陥りやすい

 

また、世の中の価値観
外向型を基準に考えられている。

 

なぜなら世の中の7割
外向型人間と言われているからです。

 

外向的な性格特性が好意的に捉えられることは、男女とも「明朗(性格が明るく朗らか)な」人物が魅力ある異性象の上位に上がっていることからもわかる。(男性像は第5位、女性像は第1位)

また、就職情報研究会は某出版社が360社の民間企業に対して行ったアンケート調査の一部を紹介しているが、それによると「面接官が見るチェックポイント」のベスト1位に「明るく元気に話せているか」が挙げられており、このことも外向性が好まれやすい性格とみなされていることを示すものといえよう。

引用:対人場面における好意的感情と外向性の関連性について

 

だからこそ内向型は
外向型のように明るく振る舞えない
自分に自信を持てません。

内向性被験者は、外向性被験者に比べて、自己を否定的に評価している。

引用:性格の類似性が対人魅力に及ぼす効果

 

そして自分に自信を
持てないからこそ

隣の芝が青く見えて
しまうんですよね^^;

 

❸ネガティブに陥りやすい

さらに内向型の長期記憶では
自己調節実行機能(SREF)
というプログラムが働いていて

このプログラムは
危険から身を守るために

周りで起こっている出来事
自分とネガティブに関連づける
働きをしています。

出典:東京大学総合文化研究科認知行動科学

 

だから、仕事のプロセスに対して
注意されているにも関わらず

自分の人格を否定された
ネガティブに関連づけてしまい

偽の合意効果によって
周りも自分を否定的に捉えている
という思い込みを作ってしまいます

内向的な人は外向的な人よりもネガティブ体験に注意が引きつけられる傾向にあり、焦点づけされた注意がさらに選択的にネガティブ感情を高めるという循環的過程を持つことを指摘している。

引用:外向型・内向型における注意機能特性と情報処理スタイルの関連性

 

このように内向型は
刺激に敏感な体質のせいで
そもそもバイアスにかかりやすく

長期記憶を中継する
情報処理により

上で挙げた3つのバイアス
陥りやすくなってしまいます。

 

しかし内向型には外向型にはない
長所がたくさんあるのも事実。

 

以下の記事ではそれらを
詳しく
解説していますので
ぜひ1度ご覧くださいね!

内向型人間とは?脳の仕組みから、特徴や強みの活かせる仕事までを徹底解説!!

2019年10月5日

 

そして次項からはこれら
心理バイアスを克服する方法
について解説していきます。

 

自分を責める心理バイアスを克服する5ステップ

今まで述べてきたように
自分を責めてしまう原因は

バイアスに陥って事実
自分の主観ギャップが生まれ

自分を客観的に捉えることが
できなくなっているからです。

 

そしてバイアスに陥りやすいのは
内向型という気質に関係があるが

そもそも内向型がバイアスに
かかりやすいのは

世間の価値観に影響されやすい
からなんですよね^^;

 

そして世間の価値観外向型を
基準に作られているからこそ

自分に自信を持てず
隣の芝が青く見えてしまったり

外向型のように振る舞うべきだ
という固定観念を作り上げて

代表性心理バイアス
陥ってしまったり

外向型と同じようにできない
自分は落ちこぼれだと思われている
と思い込んでしまう

合意効果心理バイアス
陥ってしまうからです。

 

その結果、無駄に自分を
責めてしまうんですよね^^;

 

でもこうなってしまうのは
無理もないことなんです。

 

なぜなら外向型を基準とした
価値観は学校教育によって
刷り込まれているからです。

“勤勉性”“外向性”“経験への開かれ”の3つのパーソナリティ特性 が、学校教育で育てる学習態度と対応する 

引用:パーソナリティ特性(ビッグファイブ論)からみるぶビジネスパーソンの職場適応や能力 

 

以下の表を見ていただくと
おわかりいただけるように

学校では集団行動を重視し
外向性を身につけさせる
カリキュラムが組まれています。

引用:「児童生徒の社会性を育むための生徒指導プログラムの開発」

 

しかし前途したように
生まれつきの気質によって
性格や考え方は異なるのに

教育によって外向型基準の
価値観を植え付けられてしまうため

世間の価値観に影響を
受けやすい内向型は

事実と自分の主観
ャップが生まれ

自分を客観的に
見れなくなってしまいます。

 

だからこそ内向型は
教育によって植え付けられた
価値基準の中で生きるのではなく

自分に適した価値基準を見出し
その中で生きていくことで

ありのままの自分
認められるようになり

事実と自分の主観のギャップが
なくなり、バイアスが解消します。

 

そして、自分だけの価値基準とは
[これが自分なんだ]と認識できる
アイデンティティを確立することです

 

このアイデンティティが確立されると
人は人・自分は自分」と
他者と自分を切り分けられ

周りと自分を比べて無駄に
自分を責めることがなくなります。

アイデンティティーとは・・・

アイデンティティーとは心理学や社会学において、ある者が何者であるかについて他の者から区別する概念、信念および表現をいう。

この確固たる自分が自分であるという感覚をもっている人は、アイデンティティーが「確立」しており、逆に、確固たる自分が自分であるという感覚があまり強くなく、自分は自分だと感じられない人は、アイデンティティーが「拡散(混乱)」しているという。

引用:看護roo!    

 

アイデンティティを確立するためには

  • [過去の自分]を振り返り
  • どんな経験によって
    [現在の自分]が作られたのか?
  • これらの経験を活かして
    どんな[未来の自分]築いていくのか?

 

ということを繋ぎ合わせる
ことによって確立します。

個人の時間的展望の発達もアイデンティティ形成に関する重要な視点とされる 

時間的連続性とは、自分の過去・現 在・未来がつながっているという実感であり、アイデンティティ形成や青年期の適応に関連の深い概念であるとされる。

 引用:パーソナリティーに関する研究の動向と展望

 

そこで、オススメなのが
コア・パーソナル・プロジェクト
というワークです。

 

このワークでは
過去のどんな体験によって
現在の価値観が身につき

これからどんな価値観を持って
生きていきたいのか?

ということを
以下の5ステップ
明確化していきます。

アイデンティティを確立する5ステップ

  • ステップ1:固定観念を捨てる
  • ステップ2:価値観の明確化
  • ステップ3:好きなことを見つける
  • ステップ4:得意なことを見つける
  • ステップ5:コア・パーソナルプロジェクトを見つける

 

コア・パーソナル・プロジェクト
以下の記事でワークが行えますので
ぜひ時間を取って試してみてくだいね!

本当の自分を見つけて、生きづらさから開放されよう。コアパーソナルプロジェクトを見つけるための20の質問

2019年12月14日

 

今回はここまでとなります!!
最後まで読んでいただき
ありがとうございました^^

この記事は、Muが劣等感まみれだった
人生を変えるために学んだ知識を
100%全力でお伝えしました!!

劣等感まみれだったMuを知る

以下の記事では
「内向型に最適な生き方」の
ロードマップとなる厳選10記事

ご用意してありますので

内向型についてもっと知りたい方は
ぜひご覧ください^^


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

 

<自分のペースで生きたい>

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です