活かすべき人見知りの長所と、向いてる仕事の見つけ方

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

僕は、内気で人見知りな性格だったので、あまり多くの人と関わるのが苦手でした。

 

はじめて就いた仕事は現場系だったため、毎日多くの人の中で仕事をしなければなりませんでした。

 

しかも、現場によってチームが変わったり、他社に混ざって仕事をすることが多く

 

人見知りの僕にとっては、人間関係がコロコロ変わってしまうのは苦痛だったんですよね。

 

明るい性格の持ち主なら、すぐにその場に馴染めますが、僕のように内気だと、なかなか場に馴染むことができません。

 

ようやく馴染んできたと思っても、すぐに人間関係が代わり、また1からやりなおし。

 

そのため、いつになっても仕事に慣れることができませんでした。

 

しかし、これからの時代は、どこの会社でも人間関係がコロコロ変わる中で仕事をするのが普通になります。

 

そんな時代は、人見知りにとって不利な状況に思えるかもしれませんが、実は逆に大チャンスなんです。

 

なぜなら、人見知りの長所を活かせる時代だからです。

 

そこで今回は、今後どのように働き方が変化していくのか?

 

そして、人見知りが持つ長所を活かして、どのような仕事をしていけばいいのか?

 

これらの2点について解説していきます。

 

活かすべく人見知りの長所とは?

人見知りになってしまう原因は、警戒心が働くからです。

 

なぜ警戒心が働いてしまうのかというと、神経質だからですよね。

 

では、どうして神経質になってしまうのか?

 

それは、あなたが生まれながらに内向型という気質を持っているからなんです。

 

内向型の気質を持っていると、恐怖や不安を学習しやすい脳の癖があります。

 

その結果、神経質になってしまいます。

 

下の記事では、内向型の特徴や強みについて、徹底的に解説していますので、ぜひ1度ご覧ください。

 

内向型人間とは?脳の仕組みから、特徴や強みの活かせる仕事までを徹底解説!!

2019年10月5日

 

そして、内向型の人は刺激に敏感という性質を持っています。

 

この性質により、刺激が多い人混みなどが苦手で、一人を好むという特徴があるのです。

 

さらに、「集中力」や「辛抱強さ」という長所を持っています。

 

実は、これらの特徴や長所こそ、人見知りが活かすべき強みなんです。

 

なぜならば、これからの時代は高い専門性が必要とされるからです。

 

そして高い専門性は、「集中的実践」によって身につけられると言われている。

 

集中的実践とは、集中的に1つの物事に1人で取り組む方法のこと。

 

この集中的実践によって、高い専門性を身につけることこそ、人見知りの強みを正しく使う方法に他なりません。

 

なぜ人見知りの長所が活かせる時代になるのか?

テクノロジーが発展し、インターネットが普及した現在では、仕事や組織の在り方が変わり始めています。

 

インターネット上に情報を上げれば、世界中の人に届けられるようになりました。

 

さらに、その情報が拡散されれば、瞬く間に多くの人に広がっていきます。

 

このような時代になると、商品やサービスの流行り廃りのスピードも加速します。

 

ひと昔前までは、1つの事業の寿命が20〜30年と言われていました。

 

しかし、現在では事業の寿命が3〜7年とまで言われています。

 

出典:次世代起業家育成セミナー

 

事業の寿命が短くなると、先行きが読めず企業は正社員を抱えられなくなってしまいます。

 

その証拠に、非正規社員が増え、最近では終身雇用の破綻宣言がされました。

 

そして、これからどんどん1つのプロジェクト毎に人を集めるようになります。

 

同じ会社内でも、プロジェクトによって関わる上司や先輩が異なったり

 

外部の人間を多く雇って、プロジェクトチームを組むような流れになってきます。

 

この時に、重視されるのが高い専門性を持つ人たちでチームを組むことなのです。

 

組織のあり方がこのように変わってくると、今度は会社と個人の境目が薄れてきます。

 

すると、会社で働く意味を失い、フリーランスや個人事業主として働く人が必然的に増加する。

 

このフリーランスや個人事業主こそ、高い専門性を持つことで、より成功できるようになれるのです。

 

人見知り長所が有利に働く理由

フリーランスや個人事業主のようなミニ起業家たちは、プラットフォームを利用して仕事をします。

 

例えば、Amazonやアリババを使って商品を流通させたり。

Airbnbにホテルや旅館の空き室を掲載したり。

ランサーズクラウドワークスを使って、仕事の発注や受注をしたり。

 

このように、メガ企業が作ったインターネット上のプラットフォームを利用して

消費者やクライアントと繋がっていきます。

 

そして、プラットフォームの中には、自分と同じようなスキルや知識を持った人たちと競わなければなりません。

 

そこで必要なのが、他者との差別化です。

 

差別化で最も必要なのが「高い専門性」に他なりません。

 

つまり、会社で働くにしても、個人で働くにしても「高い専門性」は必ず必要になってくるわけです。

 

しかし、人見知りは専門性を身につけるために有利な強みを備えていますよね。

 

専門性を身につければ、差別化にもなり、自分の武器にもなります。

 

だからこれからの時代は人見知りにとって有利になんです。

 

人見知りの長所を活かして武器を身につける方法

高い専門性を身につけるためには、長所を活かして集中的実践に取り組まなければなりません。

 

また、いくら集中的実践に向いているからといって、自分の興味がわかない分野に手を出しても上手くいきません。

 

まず、必要なのは「自分にはどんな分野が向いているのか」を知ることです。

 

下の記事では、自分に合っている仕事を見つけるための20の質問をご用意しています。

 

ぜひ、時間をとって試してみてください。

 

本当の自分を見つけて、生きづらさから開放されよう。コアパーソナルプロジェクトを見つけるための20の質問

2019年12月14日

そして、集中的実践を行う上で大切な言葉が2つあります。

①その問題は解決せんでええ

②新規活動ひとつ、継続活動ひとつ

引用:次世代起業家育成セミナー

 

この言葉は、僕が起業する際にもっとも意識したことです。

 

簡単に説明すると、自分の身につける分野が見つかったら、それ以外のことは全部無視する。

 

そして、残すものと、新しく手にいれるものは、常に1つずつに絞る。

 

新規活動としては、専門性を身につける。

 

継続活動としては、今の仕事。

 

そして、それ以外は全部無視。

 

これらを守ることで、最短最速で目標を達成することができます。

 

最後に、「この問題は解決せんでええ」の動画をお届けしたいと思います。

Mu

今回はここまでとなります。

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

以下の記事では「内向型に最適な生き方」のロードマップとなる厳選10記事をご用意してあります。

はじめての方は、まずはコチラからご覧くださいね^^

 

もしよろしければ・・・

▼この記事の評価をお願いします!!▼

頂いた評価は人気ブログランキングで反映されます


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

 

<自分のペースで生きたい>

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です