内向的な人にオススメできる「コミュニケーション能力がいらない仕事」はビルメンである3つの理由

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

コミュニケーション能力がいらない仕事がしたい

 

経団連が毎年発表している「選考時に重視する要素の上位5項目」によると

13年連続「コミュニケーション能力」が企業が求める能力の第1位でした。

 

しかし、内向的な性格で人と関わることが苦手だと

この結果には絶望しか感じないと思います。

 

僕自信、ずっと内向的な性格だったので、コミュニケーションが苦手なことで

ずいぶんと仕事で苦労してきました。

 

そんな僕と同じようなお悩みを持つ方に、ぜひオススメしたいのが「ビルメン」と呼ばれる仕事です。

 

なぜなら、「コミュニケーション能力」が求められないほか

内向的な人に適した要素がたくさんあるからです。

 

そこで今回は、ビルメンの魅力についてご紹介したいと思います^^

 

ビルメンとは?仕事内容から魅力を徹底解説!!

ビルメンとは、ビルのメンテナンス業務に携わる仕事のことです。

出典:新潟県ビル管理協同組合

 

一言にビルのメンテナンス業務といっても、その業務は多岐にわたり

以下のように3つの部門に分けられ、業務分担が図れている。

 

出典:建職バンク

 

中でも売り上げの大部分を占めるのが清掃業務となっていますが、僕がオススメしたいのは設備管理です。

 

出典:ビルメンテナンス情報年鑑 2020(第50回実態調査報告書)

 

なぜなら、業界は成長しているにも関わらず、深刻な人手不足が続いているため

社員として雇われやすいからです。

出典:ビル管理市場の市場規模推移と将予想
出典:ビルメンテナンス情報年鑑 2020(第50回実態調査報告書)

 

実際、設備管理は他のビルメンテナンスの部門に比べて、「パート」や「アルバイト」が少ないのがわかります。

 

出典:ビルメンテナンス情報年鑑 2020(第50回実態調査報告書)

 

また、業界が成長しているのに人手不足が深刻化しているため

賃金もどんどん上がっていて、仕事の定着率が抜群にいいんです^^

 

出典:ビルメンテナンス情報年鑑 2020(第50回実態調査報告書)
出典:ビルメンテナンス(設備管理)の求人

内向的な人にビルメンがオススメである3つの理由

これまで、ビルメン業界全体について解説してきましたが

ここからはビルメンが内向的な人に向いている3つの理由をご紹介します^ ^

 

①コミュニケーションスキルや外向的な性格必要ない

ビルメンの設備管理は、主に施設の設備のトラブルに対応することなので

必要以上に会話がいらない仕事と言えます。

 

基本的に人と話す場面は、設備のトラブルの電話を受けたり、対処後の報告などの業務連絡のみ

トラブルや点検、打ち合わせがない時間は、事務室モニターを監視しながら待機となります。

引用:ビルメンってどんな仕事??~中卒ビルメン1日の流れ~

②行動力や積極性よりも資格が評価される

一般的な会社では、積極的に人と関わったり、主体的に行動できる人が評価されますが

ビルメンは、設備の点検やメンテナンスが主な仕事なので

積極性や主体性よりも、設備を安全に扱うための知識やトラブルに対応できる技術が評価されます。

出典:ビルメンの資格手当はすごい?手当が貰える資格と金額の例を紹介!

③成果を求められない

一般的な会社だと、納期やノルマに追われたり、生産性を求められたりして、結果が全ての世界ですよね。

 

しかしビルメンは、業務の内容が決まっているため、成果は求められません。

 

内向的な人は成果を求められるような競争状況では、パフォーマンスが低下してしまうため

このような仕事の内容は、やりやすいと思います。

内向郡が競走において成績が低下する傾向があること

外向郡と内向郡で競走に対する態度に大きな差があることが理解された。

 

外向郡は競走に自己成長の可能性や相手との交流などの付加価値を見出す傾向が見られた。

 

それに対して内向郡は競走刺激に集中するため、競争状況が過度な刺激となった可能性が高い。

引用:外向性・ 内向性の性格特性が競争状況に与える影響について

ビルメンのデメリット

ここまで、ビルメンのいい部分ばかりをご紹介してきましたが

考慮すべきデメリットもあります。

 

それは、年収が低いということです。

出典:ビルメンテナンスの平均年収・ボーナス事情
出典:ビルメンテナンスの平均年収・ボーナス事情

 

40代以上になると、日本の平均年収と比べ200万以上差がついているのがわかります。

 

しかし、ビルメンの会社でも平均収入が500万以上のところもしっかり存在しています。

 

それは「系列系」と呼ばれる、ゼネコンやメーカーなどの大手企業の傘下にあるグループ会社が設備管理を行なっている場合です。

 

例えば、大手ゼネコンが所有するマンションやショッピングモール

TOYOTAやPanasonicなどのメーカーが所有する工場や施設は

系列系のグループ会社によって設備管理が行われています。

 

大手企業のグループ会社であるため、収入が高いうえ、福利厚生もしっかりしていますが

その分、転職するためには資格保持者や経験者で35歳以下でなければ難しいと言われている。

 

一方、親会社を持たないビルメン会社は「独立系」と呼ばれ、入札(競合)や営業によって仕事を獲得しています。

 

例えば、公共施設や官公庁の建物、病院など。

 

独立系は、資格を持たない未経験者や年齢が高い人でも採用されやすいと言われていますが

給料がやすく、福利厚生や休日が少ないという欠点があります。

 

しかし、仕事内容はゆるく、待機時間が多いため、資格をたくさんとって収入をあげたり

副業をして収入をあげている人が多いようです。

 

そのため、ビルメンの仕事をはじめる際には、会社選びがとても重要になり

ビルメン研究所」というブログが大変参考になったのでご紹介させていただきます^ ^

 

このブログでは、会社を選ぶ上でポイントとなる

年収、年間休日、福利厚生、管理物件などから

「総合的な待遇」「働きやすさ」を点数化してランキング形式にまとめてくれていました。

 

また、ビルメンの副業については、当ブログで無料プレゼントしています

「人と関わらない仕事のはじめ方」完全マニュアルがお役に立つのではないかと思います。

 

このプレゼントは、僕が実際に隙間時間だけで月収30万円以上を稼いだ

「Amazonを利用したネットショップ」の運営方法の「知識」「ノウハウ」「理論」を

誰でも再現できるよう50ページまとめたマニュアルになります。

 

プレゼントの受け取り方法や詳しい内容については、以下の記事にまとめていますので

ビルメンに興味がある人は、ぜひ1度読んでみてくださいね^^

 

「人と関わらない仕事のはじめ方」完全マニュアル3点セットプレゼント!!

2020年3月29日

 

 

今回はここまでとなります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

もしよろしければ・・・

▼この記事の評価をお願いします!!▼

頂いた評価は人気ブログランキングで反映されます


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

「人間関係に疲れた」

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です