優しすぎる性格は生きづらい!?優しさを自分のために使っていい科学的理由

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

僕は今まで、人から優しすぎると言われることが多くありました。

 

そう言われて悪い気はしないんですが、実際は人生損してる気がしまうんですよね^^;

例えば…

  • 優しすぎることが原因で彼女から振られる
  • 優しすぎることが原因で、舐められてしまい、コキ使われてしまう
  • 優しすぎることが原因で、優柔不断になってしまう  

 

「もっとあの時、相手を気にせず自分の思ったことを言えばよかった」

と後悔することばかりで、自分に自信が持てないまま、今まで生きてきました。

 

でもここ最近ようやく、自分の性格を好きになることができるようになったんです^ ^

 

なぜなら、優しさの正しい使い方を知ったからです。

 

優しさの正しい使い方を知ると、自分ばかりが損するということはなくなります。

 

むしろ、後のち自分が得すようなことが、起こるようになりました。

 

そこで今回は、優しすぎてしまう原因についての解説と、優しさの正しい使い方についてご紹介します。

 

優しすぎる性格の人が生きづらさを感じる理由

優しすぎる人はなぜ生きづらさを感じてしまうのでしょうか?

 

それは自分のことを後回しにして、他人のことを優先しているからですよね^^;

 

僕も内気で臆病な性格のため、以前は人から嫌われることが怖くて、他人のことばかり優先して生きていました。

 

しかし人間には「自己実現欲求」というものが備わっていて

この欲求が満たされないと生きづらさを感じてしまうことがわかりました。

 

自己実現欲求とは、「自分らしい生き方を実現したい」という欲求のこと。

 

人間は、物質的な欲求が満たされると精神的な欲求を満たそうとします。

 

それを表したのが以下の「マズローの5段階欲求」です。

引用:次世代起業家育成セミナー

 

精神的欲求には、「愛の欲求」「承認欲求」「自己実現欲求」があり

人間は下の欲求から満たそうとすると言われています。

 

世間的な価値観では、優しい人は恋愛でも仕事でも評価されるため

優しすぎる性格の人は「愛の欲求」や「承認欲求」を満たそうとして

優しすぎる性格を身につけたということになります。

 

しかし、優しすぎる性格だと、相手のことばかりを優先してしまい

自分らしい生き方ができないため「自己実現欲求」を満たすことができません。

 

このような心理的原因があるため、優しすぎる性格だと生きづらさを感じてしまいます。

 

優しすぎる性格になりやすい人とは?

先にも述べたように、世間の価値観では、優しい人は恋愛でも仕事でも評価されます。

 

そのため、世間の価値観を優先した生き方をしている人は優しすぎる性格になりやすい傾向がある。

 

特に日本は単一民族の集団主義国家なので、個人の尊重よりも集団の和を尊重して、世間の価値観を優先しますよね^^;

 

世間の価値観を優先するということは、自制心が高く周りに気を使って生きているということです。

 

しかし、世の中には周りの目を気にせず、自分軸で生きている人もたくさんいるのも事実。

 

そういった人は、世の中の価値観よりも自分の価値観を優先しているため

自分に無理のない範囲で優しさを使っています。

 

つまり、優しすぎる性格になりやすい人は自制心が高い人なんですね。

 

そして、生まれつき内向型という気質を持っている人は自制心が高い特徴があります。

 

内向型とは、心理学者のカール・ユングが唱えたパーソナリティーの1つで

ユングによれば人間は内向型と外向型のどちらか寄りの気質を持って生まれてくると言われています。

内向型が自制心が高い理由は、内向型は長期記憶と前頭葉を中継した神経伝達経路を持っていることに由来します。

 

長期記憶は、過去のエピソードや感情、常識や倫理を保存して、ネガティブな情報ほど記憶している。

 

そのため、世の中の常識を重視しやすく、周りに合わせることを優先します。

 

また前頭葉は、思考や計画、学習や意味付けを行う領域なので

自分を優先した生き方は合理的ではないと判断して自制心を働かせます。

 

以下の記事では、内向型と優しすぎる性格の関係性について

さらに詳しく解説していますので、ぜひ1度読んでみてくださいね^ ^

人見知りの性格って本当はどれ?「優しい?」「プライドが高い?」「対人恐怖症?」5つのレベルでわかる人見知りな性格の特徴

2020年2月19日

 

優しさを自分のために使っていい理由

優しすぎる人が生きづらさを感じる理由は、「自己実現欲求」を満たせていないからでしたね。

 

しかし、優しい性格をそのまま武器にして、自己実現欲求を満たせる方法があります。

 

その方法とは、優しさを自分のためにも使うことです。

 

実は優しさを相手のためにだけ使う人のことを「自己犠牲ギバー」と呼び

世の中の人は「自己犠牲ギバー」を含めて以下の3種類の人間に分かれます。

3タイプの人間

ギバー…自分が得る利益よりも多くを与えようとする人

テイカー…自分が与えた量よりも多くの利益を得ようとする人

マッチャー…自分の利益と相手の利益の量のバランスを取る人 

 

さらにギバーにも「自己犠牲型」と「他者志向型」の2種類が存在します。

 

そして、仕事のパフォーマンスを測定したある実験によると

もっともパフォーマンスが悪いのは自己犠牲型のギバーという結果でした。

 

なぜなら、自己犠牲型ギバーは自分の仕事を後回しにしてでも

テイカーから頼まれた仕事を請け負っていたため、自分の仕事に全力を注げなかったからです。

 

次にパフォーマンスが悪かったのはテイカーです。

テイカーは他人に仕事を振って自分に有利な状況を作れるため、最初のうちはパフォーマンスが高いのですが

長期的に見た場合、仲間が離れていきパフォーマンスが落ちました。

 

では、1番パフォーマンスが良かったのはマッチャーかというと違います。

 

最も高いパフォーマンスを見せたのは、他者志向ギバーでした。

他者志向ギバーも自己犠牲ギバーのように、自分の資産を与えるため

短期的にはパフォーマンスが悪いのですが

自己犠牲ギバーと違うところは、チーム全体の利益に繋がるような人を見極めて、自分のリソースを注いでいました。

 

そして長期的に見ると、チームとしての利益が大幅に拡大していたのです。

 

その結果、自分1人としてのパフォーマンスも高まったということです。

 

つまり、自己犠牲ギバーは個人の利益のために一方的に優しさを使っていたのに対して

他者志向ギバーは自分の利益にも繋がるように、優しさを使っていました。

 

優しさを自分のために使う方法

では、どうしたら他者志向ギバーになれるのか?

 

そのためには、自分の目的を明確にすることが大切です。

  • 自分はどうなりたいのか?
  • どんな利益を得たいのか?
  • どういった結果が欲しいのか? 

 

自分の利益になることが明確にわかると、無駄に優しさを使うことなく

双方が利益になるよう自分に無理なく優しさを使うことができるようになります。

 

では、どうやったら自分の目的を明確にすることができるのか?

 

そこでオススメなのが、以下の記事です。

本当の自分を見つけて、生きづらさから開放されよう。コアパーソナルプロジェクトを見つけるための20の質問

2019年12月14日

 

この記事では、自分の人生の目的を見つけるための20の質問をご用意していますので

ぜひ時間をとって試してみてくださいね^ ^

 

また、自分の利益を追求する生き方を自分軸と言いますが

自分軸ができると、本当に大切な人やコトにだけリソースを注ぐことができるので

人生の成長スピードや充実感が格段に上がります。

 

実は、人生で成功している人は、例外なくこの考え方をしているんですね^ ^

 

以下の動画は、この考え方について詳しく解説していますので、ぜひ1度視聴してみてください。

 

Mu

今回はここまでとなります。

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

以下の記事では「内向型に最適な生き方」のロードマップとなる厳選10記事をご用意してあります。

はじめての方は、まずはコチラからご覧くださいね^^

 

もしよろしければ・・・

▼この記事の評価をお願いします!!▼

頂いた評価は人気ブログランキングで反映されます


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

 

<自分のペースで生きたい>

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


2 件のコメント

  • ずっと生きづらさを感じてきた私にとって…このblogを読み終わった後、気持ちが少し楽になれました。『ありがとう…』と感謝を伝えたくてコメントさせていただきました。

    • こちらこそ、コメントをいただきありがとうございます^^

      また、少しでもお役に立てたようで、僕もすごく嬉しいです!

      日本は集団主義が強く、周りの空気を読んで合わせられる人が評価されるため、周りにばかり気を使って、自分のことをないがしろにしてしまいがちになりますよね。

      その結果、「自分がどうなりたいのか」「なんの為に生きてるのか」が分からなくなって、生きづらいを感じてしまうんですよね^^;

      しかし、自分を大切にできるようになり、本心を取り戻すと、自分軸で生きられるようになり、誰に気を使うことなく「自分らしく」活き活き生きれるようになります^^

      そのため、ぜひ自分を大切にして生きてくださいね!

      この度は、コメントをいただきありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です