コロナは日本の疲れる働き方をどう変えるのか?テレワークが生み出す効果と内向型に適した社会になる3つの理由

Mu

こんにちは!

内向型起業家のMu(☞プロフィール)です^ ^

コロナの影響によって働き方にも様々な影響が出ている今日この頃ですが

今後、日本はどんな風に社会が変貌していくのか?

そして、内向的な人にとって、働きやすい社会が訪れるのか?

 

本日は、この2つについて考察していきたいと思います^ ^

 

記事を書いてる人▶︎Mu(むー) 記事を書いてる人▶︎Mu(むー)
▶︎内向的な性格で[人と関わることが苦手]
▶︎仕事も恋愛も友達も上手くできず
▶︎不器用な自分を[ダメ人間]と思う
▶︎人と比べて自己否定する人生から抜け出したくて[人と関わらない仕事]で起業
▶︎起業で学んだ心理学や[人と関わらず自立して生きる方法]を発信中!!

☞劣等感まみれだったMuを知る

ポストコロナの働き方

コロナウイルスの感染が拡大するにつれ、世界的に経済活動が縮小していますが

その煽りを受け、働き方も猛スピードで変わっていますよね^^;

 

中でも、テレワーク(在宅勤務)は政府が推進していることもあり

次々と導入する企業が増えています。

出典:テレワーク実施率は1カ月で2倍に都道府県別の実施率は?

 

しかし、全ての業種でテレワークが対応できるわけでもなく、

産業別にみると、対応している多くは情報を扱う分野

製造や物流に関わる分野ではどうしても限られた仕事しか対応できないのがわかります。

出典:新型コロナによる在宅勤務・テレワーク対応率、3月から2倍以上に

 

しかし、今後は日本の全産業のうち30%近くがテレワークに対応していくと予想されています。

出典:日経経済新聞

 

このように、どんどんテレワークによる働き方が進んでいます。

 

テレワークが増えることで日本人の幸福度が上がる

実はテレワークが広がることで「日本人の幸福度」が上がることがわかっています。

出典:レコモット調べ「勤務形態別ワークライフバランスに関する意識調査」

 

上のグラフは、会社に勤務している一般的なサラリーマンと、テレワークをしている人の幸福度に関する調査ですが

グラフを見てわかる通り、一般的なビジネスマンに比べテレワーカの方が20%以上幸福度が高まっている。

 

なぜ、テレワーカーの方が幸福度が高まるのか?

 

それは、通勤時間がなくなったことや、仕事の効率が上がったことで

自由に使える時間が増えたほか

人間関係によるストレスがなくなったからです。

 

実は、「世界幸福度報告書」によると、日本は先進国の中でも幸福度が非常に低く

その理由として、社会の中に「自由度」や「寛容さ」を感じられないことが挙げられている。

出典:BLOGOS

 

つまり、常に縛られた状態を感じているため、幸福度が低いわけです。

 

一方、世界の中で最も幸福度が高い国は3年連続フィンランド

フィンランドでは、「有給消化率100%」「在宅勤務30%」「GDPは日本の1.25倍」「残業ほぼなし」を実現しています。

 

そのため、「ゆとりがある生活」に幸せを感じる人が多く、自分らしく生きていける国と言われています。

出典:PR TIMES

 

実際、日本で働く外国人労働者は、マナーや人間関係が厳しいと感じていることからも

日本は、周りを気にして自分らしさが出しづらい国だということがわかります。

 

出典:「求人が少ない」「マナー厳しい」: 在日外国人のバイト意識調査

 

さらに、日本人が職場で感じるストレスとして最も多いのが「人前で怒られること」や「陰口をされること」で

常に人の機嫌を意識して仕事をしなければならないのが現在の日本の職場となっています。

出典:日本法規情報株式会社「職場ストレスに関するアンケート調査」

 

しかし、テレワークが広まることで自由に使える時間が増え、わずらわしい人間関係がなくなるため

社会に縛られていると感じることが少なくなり、幸福度が上がると考えられます。

出典:レコモット調べ「勤務形態別ワークライフバランスに関する意識調査」

 

このように、テレワークは疲れる日本の古い習慣を塗り替え

社会に「会社に出勤しない方が幸福になる」という新しい価値観を生み出してくれる可能性があると言えるでしょう。

 

テレワークが普及することで、内向的な人が評価されやすい社会が訪れる

また、テレワークが働くことが当たり前化すると、以下のように社会の仕組みが変わっていきます。

出典:https://twitter.com/chelsea_ainee

 

しかし、、社会に仕組みが変わることで内向的な人が評価されやすくなる可能性があります。

 

その理由は、以下の3つです。

 

①内向的な人はテレワークに向いている

出典:https://ameblo.jp/konankun289/entry-11710143884.html

 

今までの社会では、周りを巻き込んで仕事を進められる人が評価されてきました。

 

しかし、テレワークによって物理的に周りを巻き込めない状況はむしろ、内向的な人にとって好都合になります。

 

なぜなら、内向的な人は他人を頼ることが苦手なうえ、単独作業によってパフォーマンスが上がるからです。

内向型の人間には、自分の体と外界とを隔てる物理的スペースが必要だ。これにはいくつか理由がある。

第一に、彼らには、自分の考えたことや感じたことを処理するために、内へ注意を向ける必要があり、そのためには外からの刺激を遮断しなければならない。

第二に、単に周囲に人がいて、動きがあるだけで、内向型のバッテリーは消耗してしまう。

第三に、内向型は、外界を遮断しないと新たなエネルギーを生み出せない。

引用:内向型を強みにする 

 

さらにテレワークによって単独作業が増えると、単独作業に強い人は有利になることが研究によってわかています。

研究チームは、集団から生まれたアイディアと個人が考えたアイディアの数を比較した。

さらにアイディアの質を評価して、「実現性」について0点から4点の点数をつけた。

結果は非常に明快だった。

24組のうち23組の人々がグループよりも個人で考えた方がたくさんのアイディアを生み出した。

また、質の点では、個人作業で生まれたアイディアは、集団で生まれたアイディアと同等あるいはそれ以上だった。

これ以後40年以上にもわたってさまざまな研究が続けられたが、結果はつねに同じだった

 

このように、個人作業が得意な人は集団作業が得意な人よりも良い仕事を行うことができることが立証されており

個人作業が得意な内向的な人は、個人作業が多くなるテレワークにおいては、とても有利になります。

 

②上司や先輩から仕事を教えてもらうことがなくなる

 

テレワークの働き方が広まると、会社に出勤して上司や先輩から仕事を教わる機会が減少します。

 

その結果、仕事に必要な知識やスキルは、自ら本やネットを通して身につける必要が出てきます。

 

しかし、職場の人間関係に悩むことの多い内向的な人にとっては

職場の人から仕事を学ぶよりも、本やネットから学んだ方がやりやすいと思うはず。

 

なぜなら、内向的な人は「理論」「データ」「分析」「法則」などによって、物事を理解するからです。

 

本やネットに書かれていることは、上記のことが体系的にまとまっていることが多いですが

職場の人から学ぶ場合、自分の経験や事例に基づいて教えられることが多く、体系的ではないからです。

 

③ヒューマンスキルではなく、仕事の成果で評価される

 

会社に出勤して働く場合、「コミュニケーション能力」「主体性」「積極性」「行動力」などが評価されます。

 

例え、それが成果に繋がらなくてもです^^;

 

しかし、テレワークではそれらの要素は見えない部分となるため、成果でのみ評価されるようになっていきます。

 

そして、オンライン上での成果主義においては内向的な人は有利と言える。

 

なぜなら、成果主義における重要なことは対人スキルではなく、個人の能力だからです。

成果主義とは、個々人の能力や成果そのもの、そこに至るプロセスに応じて評価をする人事方針のことです。

引用:成果主義導入 4つのメリットとデメリット

 

先述したように、内向的な人はテレワークに向いている要素がいくつもあり

それに加えて職人気質と呼ばれるほど、1つのことを深掘りして、唐突した知識やスキルを身につけることが得意です。

 

そのため、集団ではなく個の力が重視される成果主義においては、内向的な人の強みが発揮しやすいと言えます。

 

内向的な人の強みについては、以下の記事でまとめていますので

もっと詳しく知りたいかたは、ぜひ1度読んでみてくださいね^^

 

内向型人間とは?脳の仕組みから、特徴や強みの活かせる仕事までを徹底解説!!

2019年10月5日

 

このように、テレワークが広がれば広がるほど、内向型が評価されやすい社会に変わっていくと考えられます。

 

そして、内向型に限らず、日本人全体として幸福度が上がっていくため

コロナが与える影響は、悪いことばかりではないのかもしれません。

 

今回はここまでとなります!!
最後まで読んでいただき
ありがとうございました^^

この記事は、Muが劣等感まみれだった
人生を変えるために学んだ知識を
100%全力でお伝えしました!!

劣等感まみれだったMuを知る

以下の記事では
「内向型に最適な生き方」の
ロードマップとなる厳選10記事

ご用意してありますので

内向型についてもっと知りたい方は
ぜひご覧ください^^


「人と関わらない仕事のはじめ方」
3点セットプレゼント

 

<自分のペースで生きたい>

「やりたくもない仕事」
「付き合いたくもない人」
「なりたくもない自分」を演じ
ずっと生きづらさを感じていた。

でも、それを我慢して生きるのが正しいことだと思っていました。

なぜなら、その先にこそ幸せがあると思っていたから。

でも違った。

無理に周りに合わせることなく
等身大の自分のまま幸せになる道があることに気がつきました。

そんな僕が実現した
「人間関係に消耗しない生き方」を
誰でも再現できるよう
3冊のPDFで完全マニュアル化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です